メール配信

BCCでのメール一斉送信は危険?絶対に知っておいてほしいリスクと対策

マーケター
マーケター
BCCで一斉送信したメールが届かない?
メール配信者
メール配信者
BCCでのメール一斉送信のリスクは?
新入社員
新入社員
BCCとCC、TOの違いって何?

 

本記事はそんな人に向けて書いています。

この記事を読んでわかること

・BCCとCC、TOの違い

・BCC一斉送信のリスク

・BCC一斉送信が届かない原因

この記事を書いている私はメール一斉配信の業務に携わったことがあり、自分自身でもWEBマーケティング担当者として配信を行っていました。

初めはBCCを使っていたのですが、メール配信サービスを知り「BCCで本当に大丈夫なのか?」と疑問を持つようになりました。

結論からお伝えすると、BCCを使っての一斉送信は絶対的におすすめしません。

BCCには大きな危険が潜んでいました。今回は私の経験を踏まえてBCCでの一斉送信について詳しく解説していきます。

TO・CC・BCCの機能とは?

それぞれの違い

メールを配信する際、宛先にTO、CC、BCC3つがあることはご存知の方も多いかと思います。まず初めにこれらが一般的にどのように使われているか確認しましょう。

TO

Toは宛先のことです。つまり、メールを届けたい相手のメールアドレスを指定してメールを送ります。基本的に1対1でのメール配信はTOを使います。

ただし、TOは複数設定も可能ですので、ビジネスシーンにおいて担当者が複数人いる場合などに使用します。

CC

CCはカーボン・コピー(Carbon Copy)を略したものです。カーボン紙によって複写された文書のことを指しています。

これをメール配信に置き換えると、『TOに送った内容を複製してCCにも送る』ということになります。

転じて、電子メールの機能の一つ。CC欄に記入したアドレスにも、同じ内容のメールを送信する機能である。 本来の受信者には同内容のメールが転送されたことが通知される。

ウィキペディアより

上記より、ccは他の受信者からも見ることができるので、情報共有のために使われることが多いです。「あなた宛ではないけど内容を把握しておいてね」という、なんともメール送信者に都合の良い機能です。

ビジネスシーンでは同じチーム上司などをCCにいれるケースが多いです。

BCC

BCCはブラインド・カーボン・コピー(Blind Carbon Copy)を略したものです。上述の「CC」にBlindが付きました。

Blindは日本語で「見ない」「見えない」などの意味があります。メール配信に置き換えると、『他の受信者からは見えない』ということになります。

受信者には別送されたメールの受信者が通知されない。会社が取引先に情報を配布する際、取引先メールアドレスを秘匿したい場合などに利用される。

ウィキペディアより

上記より、BCCは一斉送信に使われることが多いです。他の人に知られず、多くの人に一斉にメールを送ることができます。

ビジネスシーンでは価格改定のお知らせやセミナー情報を送る際などをクライアントに一斉に送る際に使われます。

BCCって本当にばれないの?

と疑問に思う方も多いと思います。こちらに専門家による検証記事があるので気になる人は参照してください。

各機能をまとめると以下のとおりです。

  • TO  :1対1でのメール送信
  • CC  :複数人への情報共有
  • BCC:複数人に一斉送信

BCCでの一斉送信における最大のリスクは情報漏洩

個人情報の流出

ここまで読んでいただいた方はBCCでの一斉送信は問題ないように感じると思います。私も以前はそう考えていました。

しかし、実際にはリスクが潜んでいたのでお伝えします。以下の内容が当てはまる場合は必ず読んでください。

必ず読んで欲しい人

メール配信でBCCを使っている

個人情報の流出は絶対に避けたい

実はBCCで情報漏洩することはありません。しかし、実際はメール一斉送信による『情報漏洩』のニュースが定期的に流れてきます。

BCCだとなぜ情報漏洩してしまうのでしょうか?

それは、BCCで送るつもりのメールをTOやCCで送ってしまっているからです。つまり、人的ミスが原因です

実際に私自身も過去、BCCで送るべき内容を間違ってCCで送ってしまったことがありますし、同様の間違いメールを受け取ったこともあります。

当時はまだまだ個人情報について厳しくはなかったですが、昨今の個人情報への世間の反応を見ると「うっかり間違えて」では通用しないケースもあります。場合によっては損害賠償を求められることもあるので、細心の注意が必要です。

また、SNSの普及によりTwitterなどでも取り上げられるケースもあります。もし、非難・批判が殺到して炎上してしまえば世間からの信用は一気に失うこととなります。

以下、Twitterでの取り上げ例。

BCCで一斉送信したメールが届かない理由

メールが届かない

ここまではBCCでの誤送信による危険性についてお伝えいしました。もし、上記のような人的ミスだけがリスクなのであれば、ダブルチェックや仕組み化など対策をすることも可能です。

実は、BCCには人的ミス以外にもシステム的なリスクも多数潜んでいます。

迷惑メールと判定される

メールを大量送信すると迷惑メールと認識されてしまうケースがあります。メールサーバーにはIPアドレスと呼ばれるネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の番号があります。ネットワーク上の住所のようなものです。

通常のメールを送ることに問題はないのですが、大量のメルマガなどを送り続けていると、受信元のプロバイダやキャリアから、迷惑メールと判定されてしまい、受信をブロックされてしまう可能性があります。

1度迷惑メールと判定されてしまうと、同じメールサーバーから配信されるメールは迷惑メールと認定され、迷惑メールフォルダに直接入っていしまいます。

ポイント

メール一斉送信とBCCは相性が悪い

ブラックリストに認定される

上述したようにBCCでの一斉メール配信は迷惑メールと認定される可能性が高いです。さらに、それに気づかず配信を続けていると、スパムメールに関する第三者機関より送信元のIPアドレスがブラックリストに認定される可能性があります。

ブラックリストに認定されてしまった場合は、メール配信は拒否され、迷惑メールフォルダにすらメールが届かなくなってしまいます。

多くの人に一斉配信を行うつもりが、メールが届かなくなってしまうなんて本末転倒ですよね。

実際に重要なメールを送ったものの、ブラックリストに追加されていて受信できていないケースなども発生しているようです。

また、ブラックリストに追加されたIPアドレスからのメールは、たとえ一斉送信でなくてもメールが届かなくなってしまいます。そうなれば通常業務にも支障が出てしまいます。

意図せずとも、ブラックリストに追加されていることはあるので、メール担当の方はブラックリスト登録のチェックを定期的に行いましょう。

確認方法はこちらの記事がわかりやすいと思います。

ポイント

  • ブラックリストに追加されるとメールは届かない
  • 定期的にブラックリスト登録のチェックを行おう

BCCでの一斉メール送信についてまとめ

まとめ

ここまでBCCの機能について解説した後に、そのリスクや危険性についてお伝えしてきました。

まとめると、BCCでの一斉配信は下記のデメリットがあります。

BCCでの一斉配信のデメリット

・情報漏洩のリスクがある

・迷惑メールと判定されることがある

・メールが届かなくなる可能性がある

反対にメリットはほとんどありません。

じゃあ、一斉配信をする場合どうしたらいいんだ!

という声が聞こえてきそうですね。安心してください。このようなリスクを回避するために、メール配信サービスというものが存在します。

メール配信サービスでは基本的に1対1のメール配信を行うため、一斉配信による情報漏洩のリスクはありません。

なた、複数のIPアドレスを使用してメールを送信するため迷惑メールやブラックリストと認識される心配もないです。

メール配信サービスは有料のものがほとんどですが、メール送信数によっては月額2000円程度で利用できたりします。

2000円をけちって世間からの信用を落とすのも馬鹿らしいですよね。

おすすめのメール配信サービスは下記記事にまとめていますので、一斉メール送信やメルマガ配信を検討している人は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
人気のメール配信システム比較17選【2019年版】価格?HTML?効果測定?無料?用途別で選ぶならこれ! メール配信サービスは多数存在し、その価格や機能やまちまちです。そのため、企業のマーケティング担当やメール配信担当者はどのメール配...