ブログ運営

【1~3月】人気記事ランキング

【1~3月】人気記事ランキング

こんにちは。森GODです。

早いものでもう3月が終わります。つまり、、、もう今年始まって3ヶ月も経ったんですね。。。まだ今年に入ってほとんどブログが書けていません。(3月16日から毎日更新中)

日曜はあまりインプット・アウトプットに時間が取れず、どんな記事を書こうか悩んでいるときに、とある弁理士さんの1〜3月のブログ記事ランキングを発見しました!

これだ!!!

と思い、私もランキング記事を書くことにしました。それも、該当期間はほとんど記事を書いていなかったので、本当に読まれている記事のランキングになります!(これを調査するためにあえてブログを更新しなかった)

ということで、早速みていきましょう!

第5位:読書を続けるための5つの方法

あわせて読みたい
読書を続けるための5つの方法『今年こそは読書を!と思ったけどもう辞めてしまった』 『1冊の本を読み終わるのに1ヶ月以上かかってしまう』 あなたも...

読書が続かずに悩んでいる人は多いのですね。恐らく読書に限らず、『継続』で悩んでいる人は多いでしょう。

私は比較的、継続が得意な方なのでまた継続ネタで発信していきます!

やはり『5つの方法』など具体的な数字が入ったまとめ記事や比較記事はアクセス数が伸びる傾向にありますね。

第4位:小さな習慣 / スティーヴン・ガイズ【書評】

あわせて読みたい
小さな習慣 / スティーヴン・ガイズ【書評】『小さな習慣』/ ダイヤモンド社  スティーヴン・ガイズ(著) / 田口未和(訳) 『また3日坊主で終わってしま...

上記に記載した継続のヒントは習慣化です。継続しようと思うからできないのであって、それを習慣化してしまえば自然と継続できるようになっています。

以前、習慣に関するセミナーをしたので、習慣に関してもまた記事にしていきますね!

第3位:【書評ブログは儲かるのか?】実際の収入をお答えします!

あわせて読みたい
【書評ブログは儲かるのか?】実際の収入をお答えします!こんにちは。書評ブロガーの森GODです。 私は現在、書評ブログを始めて1年6ヶ月が経ちます。(現在19ヶ月目)そして、多く...

リアルなやつが来ましたね。やはり気になりますよね。私も同じ内容の検索をしたことがあります。

書評ブログに関して『儲けたい』と思って始めてはいけません。絶対に続きません。もし儲けるためにブログを始める場合は他のものにしましょう。アフィリエイトのプロや記事で勉強してください。

書評は圧倒的に成長できますが、ビジネスチャンスとしてはあまり期待しないほうが良いかと思います。

第2位:MacBook Airを安くで買う方法!

あわせて読みたい
MacBook Airを安くで買う方法!こんにちは。森GODです。 ついに、ついに、つつつつついに!!!! キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...

実は昔からずっと読まれている記事です。書評ブロガーとしては非常に残念です。。。しかし、ブログのアクセス数を増やすにはやはり需要のある記事が必要と気付かされますね。

また、商品購入に関してはリアルな体験談も強いですね。自分が買い物をした時(特に高級な)はチャンスです!

第1位:【書評】アウトプット大全 / 樺沢紫苑

あわせて読みたい
【書評】アウトプット大全 / 樺沢紫苑『アウトプット大全』 サンクチュアリ出版 / 樺沢紫苑(著) ・『本を読んでも次の日には内容を忘れてしまって...

堂々の1位です。37万部売れていますからね。当たり前っちゃ当たり前かもしれません。この記事のすごいところは、『アウトプット大全 書評』『アウトプット大全 要約』などのキーワードでかなり上位掲載されていることです。

書評記事なら1位〜3位以内にいたりします。

アウトプット大全を読んでいる人は多く、本書について記載されたブログもたくさんあります。その中で上位掲載できているとやはりアクセスは集まりますね。

当たり前ですが、

  • 需要のある記事を書く
  • 上位掲載を狙う

上記2つさえ実践できれば、アクセス数は自然と上がっていくと感じました。実は私は普段、WEBマーケターをしていますので、『需要のある記事を書く』に関してはどうすればいいかある程度わかります。

『上位掲載を狙う』に関してもこの2年間のブログ運営でノウハウが溜まっています。

また、改めて記事にしますね!

まとめ

以上です。自分の中で、どんな記事が人気があるのか、どうすれば人気記事になるのかを振り返ることができたので良い機会でした。

ただガムシャラに行動するだけでなく、フィードバックを定期的に行うべきだと思いました。(PDCA)

今後は生まれて来た仮説を元に検証を行なっていきたいと思います。

ネタ元にさせていただいた、とある弁理士さんありがとうございます!