GoogleAnalytics

【ブロガー必須】GoogleAnalyticsで最初に見るべき指標

GoogleAnalyticsで最初に見るべき指標

  • 自分のブログのPV数を知りたい
  • 分析って何?
  • GoogleAnalyticsを導入したけど使い方が分からない

あなたも、そんな経験はありませんか?

ブログを始める際にとりあえずGoogleAnalytics(以下GA)を入れてみたけど、ほとんど見ていないという人が多いです。それは見方が分からないからだと思います。

GAはウェブマーケティングに本気で取り組んでいる人も使用しているツールなので、できることや見れる指標がたくさんあります。(見れるものが多すぎて何を見たらいいか分からない)

本日は、GA初心者が見るべき指標を2つに絞ってご紹介します。

ページビュー(PV)数を確認する

1番気になるのはPV数でしょう。特にブログやサービスを開設したての頃はPV数を指標や目標とすることが多いです。(実際、確認するとめちゃくちゃ少なくて落ち込んだりするんですよね。。。。)

そんな時は、

  1. 行動
  2. 概要

を確認して見てください。下記画像のようにPV数を確認することができます。とにかく、数字を把握したい!という人はこのページさえ見ておけば問題ありません。PV数以外にも滞在時間直帰率なんかも見ることができます。

ちなみに、先ほどと同じページの下部で、どのページが見られているかも確認することができます。しかし、パーマリンク名で表示されているので、『実際にどのページが見られているか分かりにくい』と感じることもあるかと思います。そんな時は、『ページタイトル』を押せば、実際のページタイトルに表示が切り替わります。そうすることで、どの記事がどれだけ読まれているかを確認することができます。

ユーザーがどこから流入しているかを知る

自分がシェアしたFacebookからの流入が多いのか、Googleのオーガニック検索からの流入が多いのか分からない(知りたい)。そんな時は、

  1. 集客
  2. すべてのトラフィック
  3. 参照元/メディア

を確認してみましょう!

そうすると下記のように、Googleからの流入なのか、yahoo!からの流入なのか、Facebookからの流入なのか・・・オーガニック検索からの流入なのか(使用していれば)広告からの流入なのか・・・などが分かります。

上記の場合、

1、 google / organic

Googleのオーガニック検索からの流入

2、(direct) / (none)

直接の流入(ブックマークから飛んできているなど)

3、 yahoo / organic

yahoo!のオーガニック検索からの流入

4.、m.facebook.com / referral

Facebookからの流入(記事のシェアなど)

このようにユーザーがどこからどうやって流入してきたかが分かります。

まとめ

今回はとにかく見て欲しい指標を絞ってお伝えしました。しかし、本当は数値を確認することは重要ではありません。この数値を元に分析し、仮説立て・検証を行うこと(PDCA)が大切です。

ただし、いきなり分析と言われても簡単にできるものではないかと思います。まずは(できれば毎日)数値を見る癖をつけましょう。

GAはあくまでも数値を確認するツールにすぎません。1番大切なことはあなた自身が『なぜ?』や『どのように』を考え、行動することです!

「ブログのアクセス数が増えない」という文句はやるべきことをやってから言いましょう。