その他

本の要約サイトを活用すると読書効率が15倍上がる!

読書の効率を上げるには本の要約サイトを活用するべき

当記事では、本の要約サイトの情報をまとめました。メリットや活用法、おすすめの要約サイトを網羅的にまとめましたので、以下に該当する人は是非ご覧ください。

・読書量を増やしたい
・おすすめの本を効率よく知りたい
・本の要約サイトについて知りたい
・おすすめの本の要約サイトを使ってみたい

本記事の信憑性

当ブログでは過去約2年半で書評記事を177記事掲載しています。これだけ効率よく書評を執筆できているのは要約サイトをうまく活用して読書をしているからです。実際に読書量も増え効率的なインプット・アウトプットにつながる方法ですので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

本の要約とは

本の要約とは、本の重要なポイントを捉えて、万人が理解できるように説明することです。本の内容を理解して、かみ砕いて説明をする必要があるため本の要約の難易度は意外と高いです。(私も要約経験者ですhttps://www.flierinc.com/writer/149)

つまり、本の要約は本の美味しいとこどりをしているので読む立場だと、こんなに便利なものはありません。

本の要約と感想文・書評との違い

読書感想文と書評、要約をそれぞれまとめると以下の通りです。

・読書感想文は自分の意見
・要約は本の紹介
・書評は本の紹介+自分の意見

詳細はこちらの記事よりご確認ください。

あわせて読みたい
書評の書き方
プロが教える!書評の書き方5ステップ【テンプレを活用しよう】 ・書評の書き方がわからない ・読書の感想をアウトプットしたい ・読書の質を上げたい 近年のアウトプットブームの影響...

本の要約を活用するメリット

メリット

本の要約を活用すると時間短縮ができる

本を1冊読み切るには時間がかかります。読むのが早い人で30分〜2時間、普通の人は2時間〜4時間、遅い人で4時間以上はかかるでしょう。私は年間100冊以上の本を読んでいますが、それでもしっかり読むと2時間以上かかります。

1冊に2時間以上かかってしまうとどれだけ時間があっても足りません。文部科学省の調査によれば、日本人の平均年間読書本数は12〜13冊とのことです。「本当はもっと読みたい!」「読みたい本がいっぱいだけど、読んでない本もいっぱい(いわゆる積ん読)」なんて声もよく聞きます。

読書量を増やすためにはもっと読書時間を短縮する必要があります。本の要約サイトでは、1000文字〜5000文字程度にまとめられているので、10分程度あればがっつり読むことができます。

150分かかっていた読書が10分に短縮できるので、読書量は15倍になります!

本の要約を活用すると本の中で大事なポイントがわかる

本の要約サイトでは重要なポイントが抜き出されて記載されています。本は200〜300ページ程度あり、膨大な情報量になります。しかし、無理やり例え話をねじ込むなどをして、ページ数を引き延ばしているような本も多々見かけます。そんな場合は、本の中で「どこか大事か」を理解するのが難しいケースもあります。また、多くの人が本を最後まで読みきれない原因にもなっているでしょう。

そんなときに要約サイトを使えば、大事なポイントを簡潔に書いていますので、要点だけを抑えることができます。本を「読んだ」ことに意味はなく、本の内容を理解することが重要です。(行動が変わればさらに良し)

「本を買う」「本を読んだ」優越感とはさよならし、「本の内容を理解した」「本の内容を実践した」さらに上のステージに登りましょう。

本の要約を活用すると普段読まない本・難しそうな本を読める

普段読まない・読みづらいような難しい本も要約サイトであれば簡単に読めます。例えば、少し前に「ホモ・デウス」という本が流行りました。しかし、その本の感想を述べている人や、書評サイトなどはほとんど見かけません。それは、理解して読みきっている人がほとんどいないからです。

本の要約サイトを使えば、このような難しい本や普段は読まない本であっても簡単に理解しながら読むことができます。

本の要約のデメリット

デメリット

本の要約サイトを活用する際には注意点もあります。後から「失敗した」と思わないためにも、デメリットも理解しておきましょう。

感情が揺さぶられないため行動につながらない

要約サイトはあくまで要約がメインです。つまり、本に記載されている「具体例」の多くが省略されています。本に記載されていることは、他の類書でも記載されていることが多く、具体例や言い回しで差別化しているケースも多いです。

そこから具体例を取り除いてしまうと、本の個性が半分以上なくなってしまうと言うこともできるでしょう。特に本に記載されている「はじめに」「終わりに」は共感のための工夫がたくさんされています。

その共感無くして、本の内容を理解した場合は感情が動きづらく、行動が変わりづらい可能性があります。

機会損失している可能性がある

本は「重要」と思う箇所が全員同じとは限りません。その人の状況や読み方によって、重要なポイントは変わってきます。あくまで、本の要約を書く際は大多数の人が重要と思うポイントが記載されているので、機会損失の可能性があります。

本の要約サイトを利用するときは「あくまで本の概要」を読んでいることを忘れないようにしましょう。より具体的で面白い部分は本に記載されています。

おすすめ本の要約サイト flier

本の要約サイトもたくさんあります。私も要約サイトは活用してきたのでその経験からおすすめポイントを紹介します。

ランキング1位 flier
各分野の専門家が本を精読し、要約文を作っているためクオリティが高い。要約のボリュームもあり、大事なポイントは網羅されている。「必読ポイント」も明記されていて本質をつかむことができる。
日々いそがしく、なかなか本を読む時間がない、どの本が自分に合っているかわからない、というビジネスパーソンにぴったりの時短読書ツールです。
総合評価
要約のクオリティ
要約の数
使いやすさ

各分野の専門家が本を精読し、要約文を作っているためクオリティが高い。要約のボリュームもあり、大事なポイントは網羅されている。「必読ポイント」も明記されていて本質をつかむことができる。

日々いそがしく、なかなか本を読む時間がない、どの本が自分に合っているかわからない、というビジネスパーソンにぴったりの時短読書ツールです。

flierの申し込みはこちら

flierの特長・料金プラン

 一冊あたり1 0分で読める要約

全ての本が、通勤途中や休憩時間などのスキマ時間に読める分量と、概要を把握できる最小限の分量の最適解(=10分)で読了可能です。

 厳選された「いま読むべき本」

有識者によって構成される「選書委員会」にて、ビジネス書だけでなく、リベラルアーツ(教養)も含めた「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を厳選しています。

 専門ライターによる高品質の要約

経験豊富な専門ライターが要約を作成、出版社で編集経験のあるメンバーによる品質チェックを経て、出版社・著者の許可を得たものだけを公開しています。

 読みやすさにこだわったUI設計

視認性が高く、目が疲れにくいフォントや行間を採用。アプリは縦・横スワイプを組み合わせることで素早く読むことができるほか、自分好みにカスタマイズ可能です。

料金プラン

フライヤーには3つのプランがあります。

・ゴールドプラン:月額2,000円、すべてのコンテンツが読み放題

・シルバープラン:月額500円、すべてのコンテンツのなかから月5冊まで読めます

・フリープラン:無料(要会員登録)でサンプルの要約記事が読めます

まずはフリープランで試してみて、そのクオリティを体感してみてください。

flierの申し込みはこちら

 

私はflier以外もいくつか要約サイトを試しましたが、圧倒的にクオリティが高いのがflierでした。月額2000円で本を読み放題とか最高すぎます。

本の要約サイトまとめ

本の要約サイトは本の概要を知るのに最適です。つまり「本選びに適したサイト」と言うことができるでしょう。

要約サイトでおすすめの本をチェックして、気に入った本があれば購入する流れが良いと思います。本も1冊1500円程度で安くはありません。失敗しない本選びをするために要約サイトを活用しましよう。

本の要約サイトを使うと読書効率は圧倒的に変わります。

・時間短縮ができる

・本のポイントが分かる

・難しい本でも読める

そんな読書ができれば、読書が楽しくなるでしょう。予約サイトを使ってあなたの読書ライフを快適なものにしましょう!