書評

【書評No.171】人生うまくいく人の感情リセット術/樺沢紫苑

『人生うまくいく人の感情リセット術

三笠書房 /樺沢紫苑


「この一冊で、世の中の悩みの9割が解決できます。」

そんな文章で始まる本書の冒頭。

最初は『本当かよ?』と思いましたが、本を読んでびっくりしました。この方法であれば、どんな悩みも解決できる。そう確信したので、皆様にも本書の情報をお届けします!

本書の著者は精神科医であり、40万部超えのベストセラー『アウトプット大全』の著者である、樺沢紫苑氏です。樺沢氏はYouTubeやメルマガ、ブログなどを通じて精神医学、心理学、脳科学をわかりやすく発信しています。その視聴者は累計40万人以上。これまで5000件以上の悩み相談を受けてきたそうです。

そんな樺沢氏が見つけた悩みの共通点、それは「ネガティブな感情」です。「後悔」「焦り」「イライラ」「不安」など。

多くの人はこの悩みの原因を取り除こうとしますが、それに失敗して余計にしんどくなるのです。悩みの原因は「厳しい上司」や「自分勝手な旦那」など、他人に依存することが多いです。しかし、『他人を変える』のは非常に難しいことです。

それでは、いったいどうすれば悩みを解決できるのか?

その方法は、、、

悩みの原因を取り除こうとしないことです。その代わりに、『ネガティブな感情』をリセットします。そして、マイナスの感情をリセットすると同時にポジティブな感情を生み出します。

例えば、
#目標を細かく区切るードーパミンを出すコツ
#やり遂げた自分をイメージするすごい効果

など、本書の内容は心理学、精神医学、脳科学などの科学的根拠が裏付けされており、再現性が高いものが多いです。

さぁ、あなたネガティブな感情をリセットし、明るく楽しく、ポジティブな人生をおくりましょう!

本書のもくじ

第1章、この1冊で「世の中の悩みの9割」が解決できる!
第2章、人生うまくいく人の「一瞬で気分を変える」法
第3章、できる人の「一気にやる気を高める」法
第4章、人間関係がうまくいく人の「嫌いを好きに変える」法
第5章、毎日充実している人の「どんな悩みもサッと消す」法
第6章、「感情リセット力」を高める脳の習慣

さて、ここからは特別に、本書の内容で私が気になった3ポイントをお伝えします。

自発的な言葉を使う

『言葉が思考を作る』という言葉があるように、私たちの思考は自分、もしくは他人の言葉に大きく影響を受けます。

つまり、ネガティブな発言ばかりしていれば、ネガティブな考えになり、ポジティブな発言をしていれば、ポジティブな考えになります。そのため、同じ『事象』に対してもポジティブな言葉を使うようにしましよう。

例えば、ブログを書いているときに『あと1000文字』も書かなければいけない』ではなく、『あと1000文字書けば世の中に良い情報を発信できる!』と言いましょう!

同じ1000文字でもポジティブになると全力でハイパフォーマンスを発揮することができます。反対にネガティブに考えてしまうと、時間もかかり、質も落ちてしまいます。

どんな事象に対してもポジティブに考える習慣を身につけましょう。

また、ポジティブな言葉を使うと、ドーパミンが分泌されます。ドーパミンは幸福物質になるので、『自発的な言葉』を使うだけで、モチベーションが上がり、楽しく取り組むことができます。

今ここに集中する

人は未来のことを考えたときに不安になります。例えば、ブラック企業に勤めている人が『仕事を辞めたい』と言いつつも、なかなか辞めなれないことが多々あります。それは今の辛さよりも辞めた時の未来の不安の方が大きいからです。

確かに今から抜け出し未来に向かって行動することはとても怖いことです。しかし、私の経験上、どんなに不安があっても行動して後悔したことはありません。反対に行動しなかったことで後悔していることはたくさんあります。

また、米国ミシガン大学の研究チームの心配事の実地調査によって「心配事の80%は起こらない」ということが明らかになっているそうです。また、樺沢氏曰く、そのうち16%は準備をして入れば対応可能なものだそうです。つまり、心配事や不安の96%は実際には起こらないということになります。

4%のことを心配して不安に思い続けているなんてもったいない!今にフォーカスして今を全力で生きて楽しい人生をおくりましょう!

「困った人間関係」をリセットする心理術

人は他人から親切にされると、何かその人にお返しをしないと気が済まない感情に支配されます。これを好意の返報性』と言います。

ただし逆も然りです。

つまり、あなたが相手のことを「好き」と思えば、相手も自分のことを好きと思ってくれ、あなたが相手のことを「嫌い」と思えば、相手も自分のことを嫌いだと思います。

よく中学校でなかったですか?

A:「なんで◯◯くんのことが好きなん?」

B:「えーだって◯◯くんが好きって言ってくれたから♡」

これがまさに好意の返報性です。

もし、あなたが『誰かに嫌われているかもしれない』という不安を持っていたり、人間関係でうまく言っていない場合は、まずはあなたが相手のことを好きになりましょう。そうすることで、相手もあなたのことを好きになり、良好な関係を築くことができるでしょう。

まとめ

本ブログでは3つしか紹介できませんでしたが、本書にはこのような感情リセット術が90程度記載されています。

もう一度言います。悩みの原因を取り除くことは難しいです。そして、苦しいは楽しいに変えることができます。一人で悩まずに本書を読んで感情をリセットしてください。

最近では鬱病という言葉をよく目にするようになりました。実は鬱病は珍しいものではなく、『5人に1人は一生の間に何らかの精神疾患にかかる』とも言われています。

私もサラリーマンとして苦しい時期が何度もありました。
・営業成績が上がらない
・上司に理不尽に怒られる
・毎日怒られまくる
・残業地獄

など。そんな経験から思うことは『他人は変えられない』ということです。つまり、自分が変わるしかないのです!

とはいえ、心がしんどい時に変わるのは難しいです。(わかっていても行動できない)そんな時こそ、ハードルを一つ下げ、感情をリセットすることを意識してください。

そうすることで自然とポジティブな考えが生まれ、だんだんと人生が好転
していきます!

あなたの「苦しい」が「楽しい」に変わることを祈っています。