ここに気づけば、もうお金には困らない/種市勝覺

ここに気づけば、もうお金には困らない/種市勝覺

ここに気づけば、もうお金には困らない

こんにちは。森GODです。

あなたはお金を払うとき「もったいない」と思ったことはありませんか?

納得いかないままお金を払ったことはありませんか?
その考えは自ら金運を遠ざけています。

この本は、空海密教の観点から、お金の法則について記載した本になります。

私はこの本で、今までにない考えに触れることができました。

ただのノウハウ本ではありません。

お金を通して生き方を考えさせてくれる本でした。

私の中の、お金への意識を180度変えてくれました。まさしくホームラン本です。

この歳でこの本に出会えたことを感謝します。

今後の人生を豊かにしたい人・お金持ちになりたい人は必ず読んで欲しいです。

密教では「身・口・意」を一致させることが重要となります。

つまり、行動と言葉と意識がばらばらでは物事はうまく行かず、

この3つを一致させることで金運を上げることができます。

その中でもいちばん大事なのが「意識」です。

意識を変えることで、行動と言葉も変えることができます。

私は意識を変えるために普段から読書をします。

読書をすれば、自分の知らない気付きを得ることができます。

気付くということは、つまり意識が変わるということです。

あなたも読書をするときは気付きを意識してください。

気付き

・お金とは「喜び」である

・思い込みは自分の思考を邪魔する

・お金の貸し借りは危険

お金とは「喜び」である

あなたはお金の定義はなんだと思いますか?

考えてみて下さい。

お金とは「価値」を交換するものです。

価値とは「喜び、感謝」です。

つまり、お金とは喜びに対しての支払いであり、喜びを交換するものなのです。

想像してみてください。

電車に乗るとき、お金を払いますよね?

これを当たり前だと思ってはいけません。

例えば、東京から横浜まで歩けと言われたらどうでしょうか?

その膨大な手間や時間を大幅に削減してくれるのが電車です。

私たちはそれに感謝し、お金と電車に乗るという喜びを交換しているのです。

このようにお金とは喜びの対価なのです。

そのため、喜びを集めれば集めるほど、お金持ちになることができます

お金を時間の対価と誤解している人もいますが、お金とは価値の対価なのです。

財布のお金が減っていることは、何かの喜びと交換したことになるので、

思い出して味わなければいけません。

また、お金には流れがあります。

お金にのせた感情が、お金の流れを決めます。

いやいやお金を流すと、「損をした」、「もっと寄こせ」などのマイナスになって戻ってきます。

感謝の気持ちを持って流すと、喜びになって戻ってきます。

つまりお金にめぐまれている人は、お金を喜んで使い、喜んでため、喜んでお金を得ます

反対にお金にめぐまれない人は、お金を出すのを嫌がります。

財布のお金が減っていて「損した」と考える人は、お金の流れが悪くなります。

この世に無駄遣いという言葉は存在しません。

失敗も学びと考えましょう。

普段から、私はお金を使った後もったいないと後悔することが多いです。

また、同じモノが別の場所で安くで売っていたら損をしたと考えてしまします。

こういった考え方は金運を遠ざけます。

今後は全ての価値に喜びを感じ、感謝します。

ホワイトエンジンとブラックエンジン

人は喜びたい欲と、痛みを避けたい欲があります。

前者をホワイトエンジン、後者をブラックエンジンと呼びます。

私たちはほとんどブラックエンジンで動いています。

例えば、「○○をしないと怒られる」などです。

普段からブラックエンジンを使用していると他人を動かすときもブラックエンジンを使うようになってしまいます。

喜びを感じるにはホワイトエンジンを使う必要があります。

そのためには、どんなことに対しても、「楽しい」という気持ちを持ちましょう。

思い込みは自分の思考を邪魔する

あなたは思い込みで判断していることがたくさんあります。

あなたが無条件に信じているものは本当にそうなのか見直す必要があります。

例えば、お金は苦労して手に入れるものという考えも思い込みにすぎません

世の中には楽して稼いでいる人もいいます。

また、能力がないから収入が少ないというのも思い込みです。

自分の価値は自分で決めるべきです。

そして、自己価値が高ければ収入も高くなる。

自己価値を高めるには自己肯定感を高めましょう。

自分が選んだものは素晴らしい、あれはあれでよかった、だって自分が決めたのだから-と、選んだ過去の自分をいったん肯定するのです

また、振り返りをしっかりと行いましょう。

一日を振り返り、学びや感謝を認識することで、自己肯定感を高めることができます。

お金の貸し借りは危険

皆さん、飲み会のときなど、軽い気持ちでお金を貸したり借りたりすることはありませんか?

お金は借りない貸さない方がいいです。

人間関係が壊れます

私はよく友達にちょっとしたお金を貸したり借りたりすることがあります。

貸したお金が返ってこない場合、元々返ってこない覚悟で貸していても、

そして、どんなに小さいお金であっても嫌な気持ちを覚えます。

反対に自分が借りたときは、、、返すのを忘れてしまうこともあります。

今後は絶対にお金の貸し借りはしません。

どうしても貸して欲しいと頼まれた場合はあげます。

今まで私はお金を貸してと言われたときに

嫌だという気持ちがあってもはっきりと断ることができていませんでした。

この自分の態度がダメでした。

今後はきっぱりと断ります。それが相手のためにも自分のためにもなります。

まとめ

この本では、お金の価値について記載をしていましたが、

私はこの考え方はお金だけでなく、人生そのものに通ずると考えています。

人に喜びという価値を与えることは、信頼や愛にもつながります。

この本に出会えたことはまさに喜びです。

また、喜びで金運を開くには、自分自身が喜びながら提供できる何かが必要です。

つまり、自分がワクワクできること、やりたいことを提供するべきです。

自分の好きな仕事をしよう!スキルがないなら勉強しよう!

あなたはこれで金運を開運できますか?

お金が逃げていく人は、「得をしよう」という生き方をします。

富は喜びの交換だから、自ら与えなければ、もらうこともできません。

つまり、与える喜びを感じられる人が金運を開けるのです。

まずは与えることから始めましょう。

大切なことは今どう生きるかです。

過去でも未来でもない。今どんな人間として在るかを選択することです。

さぁ自分の人生を生き、お金を引き寄せましょう!

スポンサーリンク