書評

WEBアナリスト検定資格を取得する方法!【体験談】

WEBアナリストアイキャッチ画像

こんにちは。森GODです。

先日、『WEBアナリスト検定』の資格を取得することができました。私は現在広告代理店に勤めていますので、『WEBの知識を更に深めたい!』と思い、資格取得を目指しました。

結論から言うと、しっかりと勉強をすれば誰でもとれる資格だと感じました。

1、対策講座を受講する

2、対策問題を完璧にする

3、教科書を読み込む

上記3つは確実に抑えるひつようがあります。反対に、この3つさえやっておけば確実に合格することができます

それでは、私の体験を元に、資格取得までの流れを詳しく解説します。

WEBアナリスト検定とは

Webアナリスト検定は、データを基にした分析改善提案など成果を出すための基礎及び実務・実践スキル会得を目指すJWA認定資格制度です。 Tooは「日本Web協会公認運営会社」です。

本資格ではWEBアナリストとしての実務的な知識だけでなく、WEBアナリストとしての考え方やコミュニケーション方法なども必要となります。

知識的な面では主にGoogleアナリティクスの分析やその中で出てくる数字(CTR、CVR、ROASなど)に関しての知識が問われます。

ただし、基礎的な内容がほとんどですので、理解するのは難しくはないと思います。

資格取得までのフロー

以下、資格取得までの一般的な流れとなります。

1、受験申し込み

2、教科書受け取る(さらりと読む)

3、対策講座を受ける

4、対策問題を解く

5、テストを受ける

結果的に、申し込みからは2ヶ月ほどで資格取得をすることができました。

ただし、対策講座もテストの受験日も自分で好きな日程を選ぶことができるため、自分の知識やスケジュール状況に合わせて資格取得することができます。

資格取得の難易度

資格取得の難易度は低いです。

デジタルマーケティングの基本的な内容になりますので、実務経験がない人であっても、講座を受けてしっかりと勉強すれば合格できます!

反対にデジタルマーケティングに携わったことがある人であれば、少ない勉強時間でも合格できます。

ただし、独特の表現や、事前に配布される対策問題からの出題もあるので、ポイントを抑えての勉強は必要になります。

モリゴッド
モリゴッド
私はデジタルマーケティング歴1年ですが、講座受講と対策問題を3回解く、教科書の出題範囲をひと通り読む、、、講座以外での勉強時間は10時間も満たないぐらいで合格することができました

実際に知らないことも多数あったので、勉強の価値はありました。予備知識があるだけ、効率よく学ぶことができました。

勉強が苦手な人にとっては難しく感じるかもしれません。そんな時は勉強法の本を1冊読んでおくことをおすすめします。

勉強法のおすすめ本
【社会人向け】勉強法のおすすめ本17選!2020年最新版社会人やビジネスマン向けにおすすめの勉強法の本をまとめました。「勉強しても成長を実感できなかった」そんな人におすすめです。...

こんな人におすすめ!

WEBアナリスト検定の取得をおすすめするのは以下のような人です。

資格取得をおすすめしたい人

・WEB関係で勤めている人

・初めてWEBを学ぶ人

・今後WEB系の仕事をしたい人

・WEBに興味がある人

特に初めてWEBを学ぶ人にはかなりお勧めです。

内容は初級問題がほとんどですので、知識を深めながら学び、資格取得の目標も達成しやすいと思います。

反対に、WEB関係で勤めている場合は復習的な部分も多いです。内容は容易に感じると思うので、手堅く資格取得ができると思います。

テキストについて

テキストはかなり分厚くなっています。合計374ページあります。

実際の出題範囲は1〜7章(全10章)で230ページまでになります。

内容は下記の通りです。

1、Webアナリストとは
2、ユーザーフローに沿ったデータ分析の考え方
3、集客・流入
4、回遊
5、コンバージョン
6、リテンション(リピート)
7、デジタルマーケティング概論

テキストの内容は丁寧です。

用語に関しての注釈もしっかりと記載されているため、知識ゼロの状態からでもしっかりと学習することができます

WEB初心者の場合はテキストを読み込むだけでも、かなり理解が深まると思います。

より良い方法は、以下の4点セットを確実に実行することです。

おすすめの勉強方法

・テキストをさらっと読む

・対策講座を受講

・対策問題集を解く

・テキストで復習

独学だけでも合格することはできる資格だと思います。

講座を受講する時間がない場合や、独学で進めたい方も教科書は必要です。まずは教科書を買ってみてから試験の受験日などを設定すると良いでしょう。


対策講座について

対策講座はできるだけ受けたほうが良いです。

経験者にとっては知っている内容も多いですが、知らないことも出てくると思います。また、試験自体の特性や雰囲気を感じ取ることができるます。

先生から試験のポイントや大事なところを教えてもらえるので、効率よく勉強することもできます。

モリゴッド
モリゴッド
この講座を受けるだけで合格率は20〜30%程変わってくると思います

さらに、講座の際に配布される資料は非常にわかりやすく、テストで出題された内容もありました。

また、実際の試験には計算問題なども出てくるため、本当に理解していないと解くことが難しい問題もあります。そういうときは理解できるまで先生にしっかりと質問することもできます。

対策問題集について

講座を受講すると対策問題集がもらえます。

ただし、問題集を解くことに価値はありません

穴埋め問題になるのですが、前後の文脈がわからなかったり、独特の言い回しをしていたりします。

どれだけすごいマーケターの人でも全問正解は無理です。この問題を作った人でも無理だと思います。

試験は4択になるので一言一句を覚える必要はありません

問題の量も多いので、1つ1つをじっくり覚えるよりもスピード重視で何度も解くほうが効率的ですので実践してみてください。

この対策問題からも出題がされるので、対策はしておいて損はないです。

実際の試験について

会場にPCが準備されていますので、そこでWEB上で受験します。

時と場合によると思いますが、試験官が適当です。PC開いていいのかもわからないし、どのアカウントでログインしたらいいかもわかりません。

結論、何でもOKです。受験方法は事前に渡された紙に記載されていますので、時間になったら自分で勝手にログインして始めたらいいです。

試験時間は80分ですが自分がWEB上でスタートしてから80分ですのでPCログイン等で遅れても焦らずゆっくりして大丈夫です。

また、試験は全て4択です。

さらに、自分が気になる問題(見返したい問題)にはリマインダーを設定することができたり、未回答の問題や回答済みの問題には色づけされるなど、試験の回答環境はすごくいいです!

出題内容も、勉強した割には想像以上に簡単(対策問題の方が難しい)でした。勉強すれば誰でも受かる印象です。

私は20分で試験を終え、早々に合格して退出をしました!(満点だと思っていましたが3問間違えてました、、、涙)

試験終了後にはその場で合否判定が出るので、充実感と達成感を得て帰ることができます。

まとめ

今回、WEBアナリスト検定資格を取得して本当に良かったと思っています。実際に勉強・合格して感じたメリットがあります。

1、資格を取るという成功体験
2、勉強の習慣
3、生活習慣の改善
4、仕事にいかせる

特に1は大きいと思います。実際の勉強して合格すると、自信がつき、とても気持ちよく楽しい気持ちになれます

私はこの勢いに乗って次の資格勉強を始めました。もちろん、資格を取ることが目的ではないですが、自分のビジョンを実現するための大きな手助けになると感じています。

これからも学び続け、知識と経験を高めていき、もっともっと成長していきます!勉強最高

本を読むときは「Audible」の
『30日間無料体験』がおすすめです!

モリゴッド
モリゴッド
通勤時間や料理・掃除をしながらでも読書を楽しめる!

最初の1冊は無料で聴くことができ、
返品や交換も自由なので実質無料です。

スキマ時間を使ってインプットし、
読書効率が劇的に上がる!

\忙しいときは耳で読書しよう/