必要な知識を15分でインプットできる速読術 / 高橋政史

必要な知識を15分でインプットできる速読術 

クロスメディア・パブリッシング/高橋政史(著)


『本を読むのに時間がかかりすぎる』

『情報が右から左に流れているだけで自分の身になってない』

なんてことを感じたことはありませんか?

情報をインプットしても、

自分の行動が変わっていなければ何の意味もありません。

私は現在、ブログを中心にアウトプットメインの生活を送っています。

そして出てきた課題が、『インプットが少ない』

膨大なアウトプットをするには膨大のインプットが必要です。

自分の現状として、

『本を読むのに時間がかかりすぎている』

ということがありましたので、この本を読んで

インプットの時間を短縮し、膨大なインプットをしたいと考えました。

そして、この本には

インプットの『量と質』どちらも高める手法が書かれていましたので、

紹介します。

スポンサーリンク

気付き

  • 本を読む目的を明確にする
  • 自分の行動を1つ決める
  • 自分の言葉でアウトプットする

本を読む目的を明確にする

本を読むときに1ページ目からだらだら全部読んでしまっていませんか?

これは最悪な読書方法です。

読書をする際に大切なことは、

「この本から何を学びたいか」を考えること

つまり、目的を明確にすることです。

そのためには、1ページ目から読むのではなく、

目次を確認した上で、全体をぱらぱら読み、

自分が興味が興味を持った部分を重点的に読みましょう。

課題解決のための読書(アウトプット前提のインプット)をすると、

そのポイントだけを抑えればいいので、時間がかかりません。

よく、「1500円も出して買ったから全部しっかりと読まないともったいない」

という声を聞きますが、

自分の興味ないことを読んでも読んで終わるだけです。

次の日には忘れていますし、行動も変わりません。

むしろ、時間の無駄です。今すぐやめましょう。

自分の行動を1つ決める

本を読む上で大切なことは、行動が変わることです。

決して、『役に立ちそうな情報をいっぱい手に入れる』ためではありません。

ですので、まずは本から学んだことで

実践することを1つだけ決めましょう。

そして、その行動が習慣されたら、

次は3つ行動する、その次は10行動してみる・・・。

というように、行動とその習慣を軸にして、学びを深めていきましょう!

自分の言葉でアウトプットする

インプットを学びに変えるためにはアウトプットは必須です。

その上で、大事なことは、

『自分の言葉で』アウトプットすることです。

慣れないうちは、そのまま引用してもいいとは思いますが、

今後自分の学びをより深めていくためには、

自分の言葉で言い換える練習をしましょう!

まとめ

この本では上記の3つの気付きを実践するための具体的な方法が記載されています。

下の画像のようなものです。(早速この本を読みながら実践しました!)

私はこれを使ったおかげで、

この本を迅速に読めましたし、今ブログを書くのもすごい楽です。

この本に書いている手法を使えば、

インプットもアウトプットも量と質を高められることがわかりました。

かなりホームランに近い3ベースヒット本です。

まだ、インプットがメインの方、

アウトプットを始めたばかりの方 に超おすすめの1冊です。

是非、読んでみて下さい。

余談ですが、この本の著者、高橋政史さんは

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

の著者さんだったんですね。

知らないうちに同じ著者の本を読んでいる。あるあるですね!

スポンサーリンク