脳を活かす仕事術 / 茂木健一郎

脳を活かす仕事術

PHP研究所/茂木健一郎(著)


食事をするときに食べていることを意識しますか?

歩いているときの1歩1歩を意識していますか?

自分の生活や行動を振り返ると、

無意識的に行なっていることがほとんどだと思います。

脳の仕組みを理解し、活用すれば

無意識の行動も自由に操ることができます!

脳の仕組みなんて、、、

私は文系で脳について学んだこともないので、、、

そんなこと理解できません、、、。

なんて思っている方も安心ください。

この本では、普段の生活や仕事を元に

具体例がベースに記載されています。

難しい知識が羅列されているということはありません。

そのため、楽しく共感・納得しながら読むことができます!

非常に読みやすい1冊ですのでかなりおすすめです(^ ^)

スポンサーリンク

気付き

  • 無意識に働きかける
  • まず行動
  • 『モード』をつくる

無意識に働きかける

自分の言動を意識的に行なっている感覚ってありますか?

実は人間の言動のほとんどが無意識に行われています。

その割合は何と95%以上

つまり、無意識を育てることが非常に大切になります。

無意識を育てるためには普段からの自分の思考を深める必要があります。

日頃から、

『本当にこれでいいのか?』

『なぜ?』

といった、疑問を持つことで、自分の中の無意識を育てることができます

また、『アファメーション』という言葉を、

聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

例えば、毎朝、

「私はできる。私はNo.1営業マンだ!」

などと自分の意識に刷り込み、

思い込ませる方法です。

これを続けると無意識に刷り込まれ、

自然と『できる人』『No.1営業マン』になっているのです。

まずは毎朝、自分がなりたい姿をイメージしてみましょう!

具体的であればあるほど良いです。

ちなみに、私は毎朝、

自分が本を書き、出版することをイメージしています。

今では100%出版できると思っています。

というより、します!

楽しみにしておいて下さいね(^ ^)

まず行動

脳には可塑性があります。

何度でもやり直しがききます。

そのためには行動することが必要です。

脳のコントロールに有効な行動は

口と手を動かすことです。

仕事ができる人を観察していると、

必ずといって良いほど「実際に身体を動かす」

ということを実践しています。

大切なことは

『まず行動する』ことです。

そうすることで、多くの経験や体験ができ、

自分の考えや能力を蓄積することができます!

何かに迷った時は、ひたすら考えるのではなく、

とにかく行動してみましょう!

行動して始めて見えてくることが出てきます。

『モード』をつくる

脳は意識的にコントロールできます。

その簡単な方法が、

『モード』を作ることです。

その時その時の状況に合わせてもう一人の自分を作る

イメージをしてください。

『集中モード』『リラックスモード』『本気モード』

などです。

例えば、普段人見知りでおとなしい性格であっても、

営業でお客さんの前に行った時は、

『めちゃめちゃ明るく元気の良い営業マンを演じる』

など、普段の自分とは違うモードを作りましょう

そうすることで、ストレス状態を楽しみながら活力に変換できます!

まとめ

私たちの脳には多くの可能性が秘められています。

まずは脳の仕組みを知り、

どのように活かすかを考えましょう!

そうすることで、あなたの日頃のパフォーマンス、

ここぞという時のパフォーマンスを圧倒的に高めることができます!

この本は脳の仕組みをわかりやく説明しているので、

脳科学本を初めて読む人にもオススメです(^ ^)

是非、読んでみてください!

編集後記

先日紹介した、

必要な知識を15分でインプットできる速読術

を実践したので、短時間で

インプット・アウトプットができました。

しかし、アウトプットしようとした時に、

まだまだ内容が薄くなってしまいがちです。

ただ、確実に自分のレベルを上げることができます。

今の私には「ちょいムズ」なのでちょうど楽しく学べています。

(限界的練習)

ある程度、読書の習慣がある人は自分のレベルアップのためにも

是非、試してみてください!

スポンサーリンク

脳を活かす仕事術 / 茂木健一郎
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー