【気付き】2/23 想いを繋げる難しさ

こんにちは。森GODです。

本日の気付きです。

本日は仕事の様々な指標があるうちの一つの締め日でした。

お客様と社内の様々な部署との調整を行い、

まさに、てんやわんや。

昼ごはんもまともにたべれない状況でした。

そんな中での気付きです。

気付き

  • 人の想いを繋げるのは難しい
  • 感謝の言葉を言おう
  • 気遣いができる人は仕事ができる人

人の想いを繋げるのは難しい

様々な人と関わりながら仕事をすると、

必ずしも意見が一致するとは限りません。

むしろ一致する方が珍しいです。

(それは、きっと誰かが妥協している)

そんな中で一つの答えを導き出すのは難しい。

大事なことを目的を明確にし、共有・共感すること。

そうすることで、皆が同じ方向を向き、

お互いの想いをつなぐことができる。

だから、仕事で大事なことは自分の傑作な意見を述べることでなく、

いかに相手と共感できるかです。

今後、意識します。

感謝の言葉を言おう

バタバタ仕事をしている中で、嬉しいのが

ふとした時に感謝を述べてくれる人。

頼まれた仕事をやっていて、

当たり前のように感謝を言わない人もいれば、

心から感謝してくれる人もいる。

仕事なので感謝は必要ないという意見もあるかもしれないが、

依頼される方も「人」であることを忘れてはいけない。

気遣いができる人は仕事ができる人

仕事ができる人は、気遣いができると思いました。

メールを送ったら送りっぱなしではなく、一言電話をくれたり。

予想されることを事前に情報として提供してくれたり。

常に周りが見えています。

反対に気遣いができない人は、自分のことしか見えていません。

そうすると結果的に周りに迷惑ばかりがかかってきます。

まとめ

大事なことは、仕事は一人でするものではないことを

理解した上で行動すること。

皆の想いを繋げることができた時、いい仕事ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする