〜月商7ケタ&出版〜夢を叶える5つの法則 / 海保麻里子

こんにちは。森GODです。

昨日はベストセラー作家の樺沢紫苑さんが運営するWEB心理塾の塾生発表会に参加しました!WEB心理塾は情報発信者になることが前提で、講師、出版を目指すコミュニティになります。

私は昨年の10月頃より入会しており、その後ブログを開始し情報発信者となることができました。また先月に開催された『WEB心理塾セミナー祭り』では講師として登壇し、約70人を相手にセミナーをやらせていただきました。

このように、塾生が日々アウトプットを行い、皆で成長しています。そして、本日の塾生発表会はその中でも1年間で突出して活躍された方がどのようにして活動していたかの発表を行う場になります。

本日の登壇者は3名、共に今年初出版をされ素晴らしい活躍をされました。

伊東稔

『ねこ背を治す教科書』(ソーテック社)

海保麻里子

『今まで着ていた服がなんだか急に似合わなくなってきた』(サンマーク出版)

岩本武範

『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか』(サンマーク出版)

その中でも本日は『今まで着ていた服がなんだか急に似合わなくなってきた』(サンマーク出版)の著者である海保麻里子さんのお話を共有したいと思います・・・・・・が、内容はWEB心理塾限定公開になりますので、ここでは海保さんのお話を聞いて私がどんな気付きを得たかをお伝えします!

スポンサーリンク

気付き

  • コンテンツを書いて整理する
  • 数が質に変換する
  • まず応援する

コンテンツを書いて整理する

海保さんは出版のために、単語カードに100個ぐらい自分のコンテンツを書いたそうです。

私はこの話を聞いて『自分には100個もコンテンツ無いよ・・・』って思いましたが、直接質問をしてみると、海保さんは「書くことで内容が整理される」と仰っていました。

確かに自分の頭の中にはふわふわとしていて形になっていないものがたくさんあります。それを実際に文字にして書くことでコンテンツになるとのことです。

自分も出版を目指しているので、普段から単語カードを持ち歩いてコンテンツと思えるものを書いていこうと思います。

また、『書くことで整理される』という考え方は普段からも使えると思うので、今後はどんなことでもすぐにメモする癖をつけます。

数が質に変換する

何事もまずは『数(量)』が大事です。いきなり質をあげようと思っても無理です。私も書評ブログを書いていますが、書けば書くほど上手くなっていると実感しています。

そんな自分もまだブログを始めて10ヶ月。まだまだ上手くなります。ということでこれからも、数を重視してブログの更新を行います。

ブログを運営の相談を受ける中で上で最も多い悩みの一つが、『人の目を気にしてしまう』ことです。完璧を目指してしまい、なかな記事が公開できなかったり、1つの記事書くのにとてつもない時間を要してしまう・・・なんて人が多いです。

一旦、他人の目は忘れて、とにかく『数』を増やしましょう。私は来年のブログ更新数をtotal500記事と設定してました。まず数をこなし、そこから見える世界を新しく探し続けます。

まず応援する

伊藤さんの話と同じく、自分が応援してもらうためには、まず自分が相手を応援することが大切だと仰っていました。全くもってその通りだと思います。

人から応援してもらって嬉しくない人はいないと思います。そして自分のことを応援してくれた人にお返しをしたくなるのは当然のことです。

だからこそ、まずは自分が応援することが大切になってきます。私はその中でもスピードが大事だと感じました。例えば本を出版した人のレビューを1番に書くなど。今後は書評ブロガーとしてスピード書評を実践していきたいと思います。

昨日、海保さんの著書『今まで着ていた服がなんだか急に似合わなくなってきた』(サンマーク出版)を購入しましたので、早く読んでレビューを書きたいと思います。

まとめ

海保さんが今年成功された要因は『粘り強さ』だと感じました。樺沢先生から教えてもらったことを忙しい中でも実行することで出版という夢を叶えられたのだと思います。

本日お話いただいた内容はとてもわかりやすく、参考になるお話でした。今後具体的に実践したいと思うことがたくさんありました!

私も海保さんを追いかけ、出版という夢を叶えられるよう努力します。

スポンサーリンク