無名の地方在住、兼業主夫が商業出版できた理由 / 伊東稔

こんにちは。森GODです。

本日はベストセラー作家の樺沢紫苑さんが運営するWEB心理塾の塾生発表会に参加しました!WEB心理塾は情報発信者になることが前提で、講師、出版を目指すコミュニティになります。

私は昨年の10月頃より入会しており、その後ブログを開始し情報発信者となることができました。また先月に開催された『WEB心理塾セミナー祭り』では講師として登壇し、約70人を相手にセミナーをやらせていただきました。

このように、塾生が日々アウトプットを行い、皆で成長しています。そして、本日の塾生発表会はその中でも1年間で突出して活躍された方がどのようにして活動していたかの発表を行う場になります。

本日の登壇者は3名、共に今年初出版をされ素晴らしい活躍をされました。

伊東稔

『ねこ背を治す教科書』(ソーテック社)

海保麻里子

『今まで着ていた服がなんだか急に似合わなくなってきた』(サンマーク出版)

岩本武範

『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか』(サンマーク出版)

その中でも本日は『ねこ背を治す教科書』(ソーテック社)の著者である伊東稔さんのお話を共有したいと思います・・・・・・が、内容はWEB心理塾限定公開になりますので、ここでは伊東さんのお話を聞いて私がどんな気付きを得たかをお伝えします!

スポンサーリンク

気付き

  • 仕組みを作る
  • 情熱を注ぐ
  • まず応援する

仕組みを作る

私が感じた伊東さんのすごいところは「継続力」です。

何と伊東さん、ブログを約1800日間 欠かさずに毎日更新されていたり、YouTubeに動画投稿を70本ほど毎日投稿されていました。

私もブログを書いている身として、この連続記録は本当にすごいと思います。そしてこの連続記録を達成するためには秘訣がありました。

それは仕組み(テンプレート)を作ることです。具体的な方法はお教えできませんが、ある程度の形をあらかじめ作ってしまい、その中に日々の出来事を盛り込んでいきます。

そうすることで、更新のハードルは下がりますし、時間の短縮にも繋がります。私も伊東さんを見習い、自分なりの仕組みを作成し、連続更新をしていきたいと思います。

また、来年はYouTubeに書評動画を投稿していきたいと思っています!

情熱を注ぐ

伊東さんから溢れ出ていたのは出版への情熱でした。ありとあらゆる方法を実践し、続ける伊東さん。そこには執念を感じました。

例えば、主夫業を営みながら、出版に関する動画を何回も何十回も何百回も聴くなど、常人にはなかなか考えられないことを平気でされています。

また、Facebook、Twitter、LINE@などSNSも徹底的に駆使し、ブランディングや出版に向けての準備をされていました。

私はFacebookの投稿をTwitterに自動的に投稿する設定ができていなかったり、まだまだやれることがあるにも関わらず放置をしていたので、ここの細かい設定などをしっかりと見直し万全の環境を整えていきます。

まず応援する

自分が応援してもらうためには、まず自分が相手を応援することが大切だと仰っていました。全くもってその通りだと思います。

人から応援してもらって嬉しくない人はいないと思います。そして自分のことを応援してくれた人にお返しをしたくなるのは当然のことです。

だからこそ、まずは自分が応援することが大切になってきます。私はその中でもスピードが大事だと感じました。例えば本を出版した人のレビューを1番に書くなど。今後は書評ブロガーとしてスピード書評を実践していきたいと思います。

まとめ

伊東さんが今年成功された要因は『素直さ』だと感じました。樺沢先生から教えてもらったことを素直に実行し続けることで出版という夢を叶えられたのだと思います。

本日お話いただいた内容はとてもわかりやすく、参考になるお話でした。今後具体的に実践したいと思うことがたくさんありました!

私も伊東さんを追いかけ、出版という夢を叶えられるよう努力します。

その前に・・・まずは、ねこ背を治すぞ〜

スポンサーリンク

無名の地方在住、兼業主夫が商業出版できた理由 / 伊東稔
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー