ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか / 野呂エイシロウ【書評】

『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』

祥伝社/野呂エイシロウ(著)


こんにちは。森GODです。

古本屋さんって・・・いいですね!!!

普通の本屋さんと違って、普段目に止めないような本がたくさん並んでます!

また、安価で購入できます。

今まで、チェックしていなかったので、今後も古本屋に通ってみよう。

さて、今回は、一流になるためにはどうすべきかが書かれた本です。

こちらの本は、古本屋で見つけ、ぱらぱら読み、買うまではいいかなぁ・・・

と思いつつ、レジに並ぶ前にやっぱり気になって、つい手に取った本です。

(きっと最初に手に取った時点で自分の中で買うことは決まっていたのでしょう)

結論を言うと、

一流になるには無理矢理でもそのステージに立つことが重要です。

ということで気付きベースで内容を共有します。

気付き

・見た目が大事

・自分の人生を生きよう

・色んな本を読んでみよう

見た目が大事

一流の人が大切にしていること、それはずばり見た目です。

見た目って意外と重要ですよね!

見た目とと言っても、顔がかっこいい、かわいいという話ではありません。

服装や持ち物、立ち居振る舞いなどです。

そして大事なことは、高いモノを持つ・・・ということではく、

社会性を意識した見た目です。

つまり、自分の見た目がその場の価値をどのように上げるかです。

相手がどう思うか、相手にどう見えるかだけを考えましょう。

見た目のはったりも重要なときがあります。

さらに簡単に言うと、空気を読むということです。

とはいえ、一流の見た目を装うのは難しいと思うので、

まずは、成功している人の見た目をまねしましょう。

無理をしてでも自分の見た目を上げることで、仕事や収入がついてきます。

まずは、一流の人、または自分の尊敬する人やなりたいと思う人をよく観察して、まねしてみましょう!!

自分の人生を生きよう

自分の人生なのに他人にコントロールされていませんか?

行きたくもない飲み会に行ったり、、、付き合いで無駄な時間を過ごしてませんか?

また、目的が明確ではない飲み会には行っていませんか?

一流の人は、自分の人生を自分でコントロールします。

私は今まで、ノリで2次会、3次会に行き・・・

朝帰り、次の日をまるまる無駄にした・・・なんて経験をたくさんしてきました。

確かにそのときは楽しいですが、後々後悔します。

たまにはいいかもしれませんが、今後夜をまたぐような2次会は行きません。
次の日早く起きて、行動したほうが

よっぽど生産性が良いしストレス発散になります。

夜更かししても、休日を1日無駄にするだけです。

色んな本を読んでみよう

私が本を読み始めてから、1年以上経ちましたが、

やはり多いのはビジネス書です。

もちろん自分の成長に直結させたく本を読んでいるので間違いではないですが、

新しい視点でインプットするために、違うジャンルの本を読んでみます。

今、私に足りていないのは量です。

もちろん、インプット過多のアウトプット不足になるのはいけませんが、

自分にはまだまだ読む量が足りていません。

今後、より精度の高い情報発信者になるにはもっと量を増やさないといけません。

もちろんアウトプットも忘れずに!)

まとめ

貧乏臭く生きるのはやめましょう!

見た目も、本を買うのもけちっていてはいけません。

自分がこうだと思ったら突っ走りましょう。

でも、見た目って本当に大事ですよね…。

何度か紹介しているメラヴィアンの法則でも人間は視覚的情報で55%判断すると言われていますからね。

実際、自分の生活を振り返ってどうですか?

見た目で判断してしまっていることって結構ありますよね。

人は見た目ではない!!中身だ!!と言いますが、

京セラの稲盛和夫さんは「見た目はその人の一番外側の中身」

と述べています。

見た目、いえ、一番外側の中身をしっかり磨いて一流になりましょう!!