ブログを書かないことでわかったこと

こんにちは。森GODです。

ここ2日間ブログを書きませんでした。

ブログを立ち上げて約3ヶ月でブログを書かない日はありませんでした。

そんな私が書かなかった理由は・・・・

『気分が乗らなかったから』です。

意外と普通な理由でした。

ついに倦怠期のようなものがきました。

もちろん気分が乗らない中で書いてもよかったのですが、

ここで無理して嫌いや書いてブログを書くことが嫌いになるのを避けました。

私はブログでご飯を食べているわけでも、プロでもないので、

ブログを書かない日があっても何の問題もありません。

まだ3ヶ月ということもあり、

まずは『続ける』ことが大事です。

そのため、書きたくないときは書かないという選択をしました。

そして、2日もブログを書かないと、

いつもと違うことが見えてきたので共有します。

気づき

  • インプットの質が落ちる
  • 充実感がない
  • 将来の自分に申し訳なくなる

インプットの質が落ちる

ブログを書かないということはアウトプットをしないということ。

つまりアウトプットをする必要がないとインプットをする必要もありません。

その結果、インプットの質が落ちてしまいました。

今まで飛び込んできてた情報が急に飛び込んで来なくなりました。

私はこのインプットの質の低さに絶望と不安を感じました。

すごく怖かったです。

『アウトプットを意識しないと何も学べない』そう思いました。

今後もアウトプット前提のインプットを意識して、

アンテナを貼った生活をしたいです。

充実感がない

アウトプットをしないことに虚無感を感じました。

それは自己成長の実感がないからだと思います。

私は自己成長こそが幸せだと考えています。

自分の成長が目に見えた瞬間が一番楽しいです。

それは仕事に置いてもプライベートに置いてもブログに置いても一緒です。

そして自己成長にはアウトプットが必要だと再認識しました。

『自己成長とは自分の行動が変わること』

そのためにはアウトプットは必要不可欠です。

インプットだけでは何の意味もありません。

将来の自分に申し訳なくなる

急激に自分への申し訳なさが込み上げました。

今学んでいることが本当に力になるのは10年後だとよく聞きます。

つまり今サボることは10年後の自分を傷つけることになります。

それを考えると改めてアウトプットを頑張ろうと思いました。

10年後の自分をイメージするとワクワクしますね。

『今を精一杯生きよう!』そう思いました。

まとめ

ブログを書かないことで結果的に良い気づきを得ることができたのでよかったです。

ブログを書かない分の時間はネットサーフィンに使ってしまいました。

そしてネットサーフィンが生活に必要ないことだと実感しました。

必要のないインプットが多く、情報が左から右に流れていくだけのことが多いです。

そして、こんな無駄な時間ばかり過ごしてて大丈夫?という気持ちになります。

あなたは1日何時間ネットサーフィンしていますか?

私は読書を始めるまではTwitterを使って大好きなサッカーの情報収集をよくしていました。

現在はそのTwitterは一切見ていません。

しかし、困ったこと1度もありません。

自分が普段いかに無駄な情報ばかり目にしていたかを実感しました。

もう一度聞きます。

あなたは1日何時間ネットサーフィンしていますか?

もし2時間であれば・・・

1週間で14時間・・・

1ヶ月で60時間・・・

1年で730時間・・・

この時間を読書などの自己成長に使っている人と比べると、

3年後、5年後、10年後には圧倒的に差がつくことは容易に想像できると思います。

まずは1日30分で結構です。

読書など自己成長のための時間を過ごしてみてください。

ブログを書かないことでわかったこと
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー