反応率が上がる! 人が集まる! 売れる! 確実に結果が出るSNS文章術 / 樺沢紫苑

『Facebookにイイネがつかない』

『自分の文章を読んでくれているか不安だ』

あなたも、そんなことを考えたことはありませんか?

そんな悩みを解決する方法があります。

それはプロから学ぶことです。

先日、文章のプロであるベストセラー作家の樺沢紫苑さんのセミナーに行きました。

樺沢さんは、毎日メルマガ発行、

Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアへの投稿をされています。

まさに文章のプロです。

そんな樺沢先生から文章作成の極意を学びました。

今もそれを実践しながらブログを書いているので、

いつもよりスピードが早いです。

文章を書くことってこんなに楽しかったんだ!

気づき

  • タイトルが重要
  • 文章は構成が全て
  • 見直しをする

タイトルが重要

あなたの文章が読まれるかどうかはタイトルで決まります。

現代のインターネット社会において、

人々は文章の最初の2行を見て判断します。

あなたも同じではないでしょうか?

多くの人はSNSの投稿を流しで見て、気になった記事をピックアップして

深く読み込みます。

判断に要する時間はなんと0.1秒だそうです。

つまり、あなたの文章が読まれるかどうかはタイトルで決まるのです!

私は今までタイトルをあまり意識していませんでした。

ただなんとなくでタイトルを書いてしまっていました。

今後は自分が興味を持ったタイトルや、

広告などに使われているタイトルを分析して、

興味を喚起するタイトル付けを心がけます。

文章は構成が全て

講師の樺沢紫苑さんが文章を書く上で1番大切にされていることが構成だそうです。

考えながら書くのはNGです。

例えば、本の執筆をするときは、

思いついたことから書き始めてしまうのではなく、

まずは目次を時間をかけて作り込み構成を決めてしまうそうです。

私はブログを書くときに書きながら考えてしまっていました。

そのため、書くのに時間がかかってしまっています。

今後は構成を考えた上で記事を書きます。

そうすることで時間を効率化します。

見直しをする

プロであっても文章を投稿する前に見直しをされるそうです。

むしろ見直しを前提で文章を書かれています。

最初から完璧な文章を書こうと思っても無理です。

まずは30%のできでもイイから書き上げて文章の流れを作る。

そして後から見直し、肉付けや入れ替えを行う

そうすることで文章作成のスピードと質の両方を上げることができます

私は今まで最初から完璧な文章を目指してしまっていました。

そのため都度都度考えてしまい、時間がかかっていました。

今後は見直しを前提にとにかく書き切ることを優先します。

まとめ

自分でいくら良い文章を書いてもタイトルが悪いと文章自体が読まれません。

反対に、タイトルが面白くても

中身が薄ければ期待外れとなり、不満度が高まります。

(ファン化ができなくなります)

大事なことはタイトルも中身も良いことです。

当たり前のことですが、しっかりとできている人はあまり多くありません。

SEOだとかキーワードなど小手先のテクニックだけでPV数を増やしても

あまり意味がありません。

ブログや文章作成の目的にもよりますが、

長期的に見ると、ファンを増やすことが大切になります。

あまり目先のことばかりに捉われず、

目の前のファン一人一人を大切にしましょう。

反応率が上がる! 人が集まる! 売れる! 確実に結果が出るSNS文章術 / 樺沢紫苑
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー