印税で1億円稼ぐ/千田拓哉

こんにちは。森GODです。

今日は出版を目指している人が1度は読みたくなる本を紹介します。

印税で1億円稼ぐ/千田拓哉

完全にタイトル勝ちですね。

出版を目指すからには1億円稼いでみたいですよね~。

でも1億稼ぐためにはどれぐらい売れればいいのだろうか?

そのためにどうしたらいいのだろうか?

そういったイメージがない人に対してイメージの形成を後押ししてくれるのがこの本だと思います。

この本は元出版社に務めていたが勧めていたので、読んでみました。

内容はシンプル・簡単。

サクッと読めましたので、簡単に共有します。

作家になるために

重要な事がプロフィールです。

本を買うときに、その人の経歴や実績を確認する人は多いです。

そのため、まずは実績を作ることが大切です。

ビジネス書で出版が決まる際の共通点は、
文章力ではなく今いる場所での実績が評価されることです。

小さなお山の大将になる

私の悩みは出版にあたり、

コンテンツ(実績や専門性)がないことです。

確かに大きな枠で見れば、経験もなく劣るかもしれません。

しかし、細分化し小さい枠での専門家になれば十分チャンスはあります。

つまり小さなお山の大将になるのです。

1冊目を売ることが重要

出版は1発大当たりを狙うより、数を多く打ち、冊数を稼ぐほうが得策です。

つまり、1冊で100万部売ろうとするのではなく、100冊で100万部売ればいいのです。

そのため、処女作をいかに売るかが大切となります。

これが、売れないと作家として可能性を見出していただけませんからね。

ですので、出版をした際には、

出版社任せにならずに、著者も売る努力をしましょう。
売りたい気持ちが大切です。

また、売れても一喜一憂せず未来に投資しましょう。

まとめ

印税で1億円を稼ぐには、

処女作でしっかりと売り、本をたくさん出し、数打ち作戦で稼ぎましょう。

実際、本を出すに当たっては、

私は幸い、実力さえあれば出版社さんにプレゼンできる環境にいます。

しかし、今は実力不足。

しっかりと自分の棚卸しを行い、小さなお山の大将になる準備をします。