サラリーマンの無駄な時間 トップ3

こんにちは。森GODです。

サラリーマンの皆様、

しっかりと自分の時間を過ごせていますか?

仕事に時間を縛られ、

上司・先輩に時間を縛られ、

本当に自分のやりたいことをできていない人も多いのではないでしょうか?

そんな、サラリーマンならではの時間の使い方。

私の経験を元に無駄な時間はどんな時間か?

どうすれば有意義になるかをお伝えします。

無駄な時間トップ3

  • 早出残業
  • 付き合いのタバコ・飲み会
  • 長時間ミーティング

早出残業

朝は自分の時間に使うべきです。

私はなぜか社会人1年目の頃から早く出社する習慣がありました。

基本的には始業の1時間前には出社し、たまに1時間半前に出社していました。

よくよく考えると、これって非常に無駄ですね。

もちろんこの時間は無給になりますので、

いわゆるサービス早出残業。

あちゃー。何でずっと気付かなかったのでしょう。

そのため、最近は始業の10分前に出社するようにしています。

しかし、ずっと早く出社してた習慣のおかげで、

その分を「朝活」などの自分の時間に当てることができています!

もちろん遅刻は厳禁ですので、会社の近くまで行き、

カフェなどを利用し、非常に有意義な時間を過ごしています。

もし当たり前のように早く出社している人がいれば、1度見直してみてください。

なぜ、自分は早く出社しているのか?

それが、どのような価値につながっているのか?

私はその時間を自己研鑽に使う方が、

自分の「成長」という大きな価値を生み出せると思います。

(仕事が大好きで、楽しくてずっとやっていたいという人はそれでもいいと思います。)

付き合いのタバコ・飲み会

私はよく「付き合いで」飲みに行く

だとか、「先輩が言うからしょーがなく」嫌なことをやる

ということをしていました。

私は承認欲求が強いので、

自分の寂しさを紛らわすために、

誰かに認めてもらうために、

先輩の機嫌を伺い、嫌われないようにゴマをすっていました。

それは何の意味もない!

振り返ると、ただの使いっ走りみたいにも捉えることができますし、

都合よく使われてたと思います。(自発的にも含め)

タバコを吸わないのに、先輩のタバコについて行ったり・・・

そうすることで、自分の存在価値を確認していました。

自分は必要とされていると安心感を得ていました。

今ではすっかりそのような関係はやめました。

自分にとって価値がないと考えたからです。

そんな先輩とつるんでいると、

もちろん、楽しいこともたくさんあります。

しかしそれ以上に時間を無駄にすることが多いです。

やっぱり自分の人生を生きよう。

長時間ミーティング

会社に所属すると必ずあるのがミーティング。

何かあれば、すぐミーティング。

何を決めるにもミーティング。

気付いたら、ミーティングで1日が終わってしまってた

なんて経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に大勢でのミーティングは必ずと言っていいほど、

その場にいるだけの人が存在します。完全に無駄です。

ミーティングをしなくてもメールで共有すれば済むこともたくさんあると思います。

今の時代、スマートフォンを支給している会社も多いと思います。

スマートフォンであれば移動時間やスキマ時間で確認できるので、

時間を効率的に使うことができます。

まとめ

自分の時間を確保するためには、自分の意思が必要です。

「自分が何をしたいか?」が明確になっていると、

その時間が自分にとって本当に必要かどうかが見えてきます。

そこで必要がないと感じたら、

だらだらと付き合うのではなく、はっきりと断りましょう。

私は「今、一番欲しいものは?」と聞かれたら、

真っ先に時間と答えます。

時間の使い方を少し変えるだけで人生は変わります。

10分、15分も毎日が積み重なれば何時間、何十時間にもなります。

時間の大切さを見つめ直し、1分1秒を大切に生きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする