ノマドワーカーという生き方 / 立花岳志

『ノマドワーカーという生き方』

東洋経済新報社/立花岳志(著)


『やりたいことだけをして生きたい』

『好きなことだけをして生きたい』

誰しもが1度は考えたことはあるのではないでしょうか?

しかし、多くの人は、

『そんなことは不可能だ』

『お金を持っている人だけができる戯言だ』

なんてことを考えてしまい、どうすれば実現できるかを考えません。

今、あなたが見ているその小さな世界から抜け出し、周りを見てみましょう。

好きなことだけをして、楽しく、自由に生きている人はたくさんいます。

この本はサラリーマンを17年間勤めた後に独立し、

「ブロガー」の道を進まれた、立花岳志さんの軌跡の本です。

立花さんがどのようにして、プロブロガーとして成功したか

自身の経験をふまえて、その知識とノウハウを

余すことなく、全てを書いてくださっています。

この本を読むことで、現在サラリーマンの人でも、

どうすれば自由に生きることができるかイメージすることができます。

人はイメージできたことしか、実現できません。

反対に、イメージさえできれば何でも実現可能です!!

さぁ、まずこの本を読むことであなたは自由への第一歩を踏み出すのです。

スポンサーリンク

気付き

  • とにかく更新頻度を上げる
  • 振り返りと修正
  • 軸を「自分」ではなく「情報」におく

とにかく更新頻度を上げる

『更新頻度』この言葉は非常に重いです。大きくのしかかります。

ブログをやっている人ならわかると思いますが、

サラリーマンをしながら、1日3回更新するのは正直バケモンです(笑)

しかし、立花さんはサラリーマン時代からこの1日3回更新を欠かさずに行われていました。

彼を動かした原動力はいったい何でしょう?

私は、本気度だと思います。

不可能に近い、サラリーマンの1日3回更新。

本気で考えればやり方はいくらでもあります。

鮮度が重要でない記事を土日で書き溜め、それを配信していく とか、、、

私が今実践していることは、記事を絞らないこと。

元々書評で始めましたが、サラリーマンをしながら書評を1日3記事書くのは、

限りなく不可能に近いです。

そのため、まずは更新頻度だけを重視し、

料理の記事や、毎日の気付きなど簡単にかけるものを

織り交ぜて書くようにしています。

それでも1日3記事は達成できていないので、

まだまだ自分が本気でないのかもしれません。反省です。

さらに、更新頻度が大事な理由は、書くことを習慣にするためです。

書く習慣さえあれば、今後記事数を増やすことも、記事の質を上げることもできます。

振り返りと修正

自分が今1番やるべきことが、この振り返りと修正です。

正直、最近アウトプットの習慣がついて、アウトプットが楽しいです。

そのため、時間があればアウトプットばかりしています。

そうなると懸念されるのが、『やりっぱなし』になること。

まさに今この状態に陥っています。

立花さんは、毎日の振り返り、週での振り返り、月での振り返りを、

しっかりと計画立ててされています。

これは今すぐ始めます。

今は毎日気付きのブログを書いているので、

基本的にはこのブログを見返すことで復習はできます。

それに加えて、毎日様々なこと、ブログに書き漏れた気付きを

Evernoteで管理しているので、これの分類と復習を行います。

そうすることで、振り返りと修正ができ、

アウトプットの質をもっと高めることができます。

軸を「自分」ではなく「情報」におく

これは、自分の課題です。

そもそも、『気づき』を書いている時点で

軸が自分にあるのではないかと思います。

自分の気付きは他の人にとっても、気付きになるかもしれませんが、

その可能性は低いです。

なぜなら、気付きは自分の体験がベースになっているからです。

今は、書く習慣が必要なので、これでいいかもしれません。

しかし、今後、読者に貢献するためには、

『軸を情報に置かなければいけない』ということを胸に活動します。

まとめ

自分が特に何かに秀でている訳でもなく、専門家でもないので

『書くコンテンツがない』なんて悩みをお持ちの人もいるのではないでしょうか?

少し前までの私はまさに、この状態でした。

しかし、この悩みは全く意味がありません。

大事なことは『とにかく書き始めること』です。

内容は何でもいい。自分の楽しいこと、好きなことを書けばいいのです。

私は読書が好きなので、書評を書きました。

そして最初は(今も)自分の成長のために書いています。

自分が本の内容をアウトプットすることで、自分が成長できます。

その結果、読者の方への気付きのシェアとして貢献できています。

更に私の後ろには「森GODが紹介した本を読みたい!」という人や

「ブログの作り方を教えて欲しい」という人が出てきました。

そう、始めた時点で始めていない人が自分の後ろにはたくさんいるのです。

最初から超人気ブロガーになろうと思わなくていい(というかなれません)

まずは自分のすぐ後ろを走っている人に貢献しましょう!!

スポンサーリンク

コメント

  1. 山口 徹 より:

    軸を他者の役に立つ情報にする。
    貢献という考え方
    自分の好きなこと、やりたいことと重なれば最高ですね。
    更新頻度を上げる
    フィードバック
    どれも大事ですね。
    ありがとうございました。

    • 森GOD より:

      本当にその通りですね!
      軸を情報にすることは簡単では有りませんが、
      今後少しずつ意識します!

      他にも学びがたくさんあったので、
      是非読んでみてください!