ホームラン本

<実践編>アウトプット大全 / 樺沢紫苑

『アウトプット大全』

サンクチュアリ出版 / 樺沢紫苑(著)


『勉強しているのに成長していない』

『年収を上げたい!』

『人生を豊かにしたい』

『自由に生きたい』

あなたもそんなことを考えたことがあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたにおすすめしたいのが本書、『アウトプット大全』です。私達が成長するためにはアウトプットしかありません。いくらインプットを頑張っていてもそれをアウトプットしなければ記憶には定着しませんし、あなたの成長には繋がりません。

 

『知っていることと、できることは違う』まさにその通りだと思います。それでは、私達が普段『できない』理由は何でしょうか?

①アウトプットの重要性を理解していない

②アウトプットの方法を知らない

この2つに尽きると思います。そんなこと、学校の教育では誰も教えてくれません。知らなくて当然なのです。。。しかし、この記事を読んだあなたはとてもラッキーです。

 

『アウトプット大全』には①も②も網羅して記載されています。本書の著者、樺沢紫苑さんは精神科医でありベストセラー作家でもあります。そして、日本で1番と言っても過言ではないぐらいアウトプットをされています。

 

例えば、YouTubeの毎日更新、、、メルマガのほぼ毎日更新、、、Facebook・Twitterの毎日投稿などなど。

 

本書ではそんなアウトプットのプロ、樺沢紫苑さんからアウトプットに対しての考え方やノウハウを一挙に学ぶことができます

 

例えば、

話す
伝える
目を見る
伝える
挨拶する
雑談する
質問する
依頼する
断る
プレゼンする
議論する
相談する
つながる
ほめる
叱る
謝る
書く
手で書く
書き込む
書き出す
落書きする
上手な文章を書く
速く文章を書く
速く入力する
TO DOリストを書く
気付きをメモする
ひらめく
ぼーっとする
カードに書く
ノートをとる
構想をまとめる
プレゼンスライドをつくる
ホワイトボードに書く
目標を書く
目標を実現する
企画書を書く
絵や図を描く
メールを送る
楽しく書く
問題を解く
引用する
要約する
説明する
打ち明ける
自己紹介する
営業する
感謝する
電話する
行動する
続ける
教える
集中する
チャレンジする
始める
やってみる(トライする)
楽しむ
決断する
(言葉で)表現する
完成させる
率いる
笑う
泣く
「怒り」をコントロールする
眠る
運動する
危機管理する
時間管理する

など。本書に記載されているアウトプット術は80項目あります。一体どれを実践すればいいのか?

 

・・・答えは全部です。あなたがもし本当に成長したいのあれば全部実践することが重要です。これは樺沢紫苑さんがよく言う、『全部戦略』です。

 

とはいえ、80個全部を一気に実践するのは無理なので、1ヶ月に3つ~5つ、多い人で10~15ぐらい実践できればいいのではないでしょうか。

 

私も早速実践していますので、どのように実践しているかをお伝えさせていただきます。アウトプットが苦手なあなたに少しでも役に立つことを願っています!

 

ちなみに私はアウトプット大全はあくまで辞典のような使い方をしています。その上で、樺沢紫苑さんの過去の著書を複合的に具体的アウトプットとして活用してます。

 

具体的に活用しているのが、

・読んだら忘れない読書術
・覚えない記憶術
・ムダにならない勉強法
・神・時間術
・いい緊張は能力を2倍にする

などです。、アウトプット大全を読み、アウトプット方法や考え方を学び、そのあと上記の本を読むことで、、、具体的な実践(アウトプット)も可能なのです!

 

『アウトプット大全を読んでアウトプットの大切さはわかったけど、、、、具体的にどういかしたらいいかわからない!』そんな人は、上記の本も一緒に読むことをおすすめします。

 

「ほんとかよ?」
「ただの宣伝じゃないの?」

 

と思う人もいるかと思いますので(笑)実際に私がどう活用して、どう変わったかをお伝えします!

資格取得ができた!

ここ3ヶ月程の間に3つの資格を取得することができました。

1、Google認定資格
2、GAIQ
3、WEBアナリスト検定

勉強は学生がやるものだ!と思っていましたが、、、違いました。大人の勉強、、、とても大事です。しかし、大人になって勉強をしたことがなかったので、どうしたらいいかわからない。。。

 

そんなときに『ムダにならない勉強法』の内容を実践してみました。私がやったことは、2つです。

あわせて読みたい
ムダにならない勉強法 / 樺沢紫苑【書評】【発売当初編】こんにちは。森GODです。 本日は精神科医であり作家でもある樺沢紫苑先生の最新刊、 「ムダにならない勉強法」の感想です。 ...
あわせて読みたい
ムダにならない勉強法/樺沢紫苑 【書評】【再読編】こんにちは。森GODです。 先日、ご紹介した、 ムダにならない勉強法/樺沢紫苑 【発売当初編】 こちら...

 

①、フィードバックをする

私が勉強で最も苦手なことがフィードバック(復習)です。しかし、フィードバックこそが勉強で最も大事だと気付きました

 

今までの勉強法では、フィードバックを全くしていなかったので、覚えたつもりでも、3分後には忘れてしまっていました。次の日には完全に忘れてしまって、また最初から学習し直さなかればいけなく、非効率でした。

 

しかし、1度覚えた問題を3分後、10分後、30分後、勉強を終える前に最後に1回という形で4回フィーバックをしただけで、、、次の日にも覚えていることができました!

 

感動です。今まで苦労していたのが嘘のように、、、記憶に定着しました。この勉強法を実践することで3ヶ月で3つの資格を取得できたので、、、勉強が楽しくて仕方がないです!!!今後も実践していきますよ〜

②アウトプット量を増やす

今までの勉強法はまず、教科書を一通り読んで、その後、問題集を解いて、、、、という形で進めていました。もちろん、問題を解く頃には教科書の内容など全部忘れてしまっているので、とても非効率でした。

 

つまり、インプット量をどれだけ増やしてもムダなのです。

 

アウトプット量が大事だと知った私は、問題集を解くことを優先的に行い、教科は補足的な形で使用しました。そうすると、、、大事なポイントを効率的に学ぶことができ、どんどん理解が深まりました。

 

その結果、短期間で合格できたので、、、やはりアウトプットこそが勉強なのだと実感しました。

残業時間が半分になった!

なんと半年前の残業時間が約80時間だったのに対して、今月では40時間程になっています。残業時間を半分も短縮することができました。

 

それは、『神・時間術』に記載されていることを実践したからです。具体的に行ったことは2つです。

あわせて読みたい
神・時間術 / 樺沢紫苑【書評】『神・時間術』 大和書房 / 樺沢紫苑(著) 『もっと自分の時間が欲しい』 『気づいたら1日が終わっていた』 ...

①ゴールデンタイム(集中力)の活用

最も集中できる時間、それは起きてからの2時間です。この時間は脳のゴールデンタイムと呼ばれています。例えば、夜やれば4時間かかる仕事を朝に行うと1時間で終わる』といった科学的な証明もされています。

 

私はこれを素直に実行してみました。朝1番にTask一覧を作成し、優先順位をつけるだけです。今までは楽で簡単に終わりそうな仕事や作業的な仕事を朝にやり、やりたくない仕事や大変そうな仕事を後回しにしていました。

 

しかし、その順番を変え、朝のゴールデンタイムに難しい仕事に取り組むだけで、なんと残業時間が一気に短縮!これは嘘のような本当の話です。実践の難易度は低いので、是非明日から真似してみてください。

②、制限時間を設ける

上記の①と同時にやったことが全部のTaskに制限時間を設けることです。人は時間を決めるだけで、ものすごい集中力を発揮することができます。反対に制限時間がないと、、、集中力は全く出ないですし、だらだらと時間だけが過ぎてしまいます。

 

有名な法則で、パーキンソンの法則というものがあります。これは、

第1法則
仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

つまり、制限時間を決めなければ、本来30分で終わる仕事が1時間やそれ以上かかってしまうということです。

 

『残業時間を減らしたい!』『もっと仕事を効率よく進めたい』という人は上記の①、②を実践するだけで全然変わってきますので、是非実践してみてください。

500人の前でスピーチした!

先日のアウトプット大全の出版記念イベントの東京会場にて、『アウトプットで人生が変わった人』の例として少しだけ登壇させていただきました。

 

以前の自分ならありえない!!!

 

と思います。実は私は2年前までアウトプットを全くしていなかったため、本を読んでも全然成長が実感できず、とても悩んでいました。

 

そんなときに出会ったのが『読んだら忘れない読書術』です。アウトプットの重要性を学び、樺沢紫苑さんに会いに行き、少しずつアウトプットを学んでいきました。

 

その結果、アウトプットを実践することで、現在では書評ブロガーとして活動することができていますセミナーの講師としてデビューすることもできました。また、書評ブロガーになることで、サラリーマンとしての給料とは別に『収入』も入っていますし、個人の『ブランド力』も上がっています。

 

さらに、『夢』でしかなかった出版が手の届きそうなところまでやってきましたアウトプットは確実に人生を変えます!反対に、アウトプットをしなければ人生を変えることはできません。

あなたはどちらを選びますか?

まとめ

今回、アウトプットの重要性や具体的な実践方法をお伝えしました。そして、良いアウトプットをするためには良いインプットをする必要があります

私がおすすめしているインプット方法は2つあります。

①、ひとりの著者の本を何冊も読む

インプットを深めるためには関連性を持たせて学ぶ方が効率が良いです。例えば、先ほど本記事にも出てきた、樺沢紫苑さんの『読んだら忘れない読書術』『覚えない記憶術』『ムダにならない勉強法』この3冊は勉強法シリーズとして、3部作になっています。

 

勉強法や記憶についてあらゆる角度から深めることができます。もちろんどんどん新しいことを学ぶことも重要ですが、効率よく学ぶためには1つのことをマスターしてから、次のことを学ぶ方が良いでしょう!

 

『二兎を追う者は一兎をも得ず』です!

②、著者に会いにいく

実際に最も学びが深まるのが著者にリアルで会うことです。最近はインターネットの発達により、YouTubeなどでセミナーを聞いたりすることもできます。

 

しかし、実際に会って聞くのと会わないで聞くのとでは雲泥の差があります。それは実際にリアルで会うと、ノンバーバルなコミュニケーションが可能だからです。

 

ノンバーバルとは非言語的情報のことです。つまり、見た目や話し方、雰囲気・立ち居振る舞いなどのことをいいます。人間が受け取る情報というのは視覚的情報が55%と言われています。(メラビアンの法則)つまり、リアルで学ばなければ半分以下の情報しか受け取れていないのです。

 

本気でアウトプットをしたい、人生を変えたいという人がいれば、是非著者に会い行くことをおすすめします。

 

ちなみに『アウトプット大全』の出版記念講演会は9月8日(土)15時~18時半、大阪にて開催されます!是非参加して人生が変わる感覚を味わってみてください!

 

実は東京でも出版記念講演会があったのですが、、、、、もう終わってしまいました。。。。。。。。しかし!大丈夫です!

 

著者の樺沢紫苑さんが主催しているオンラインサロン『樺沢塾』に入会すれば、塾生限定の動画撮影会やセミナーなどに参加することができます。懇親会では樺沢紫苑さんと直接たっぷりとお話することもできます。

 

しかも、毎月3回ほど更新される動画(過去分も含めて)を全て見ることができます。(30分×70本程度?)それでいて、料金はたったの月額1,620円です。

 

こんな嬉しいことはありません!ビジネス書1冊の値段でここまで徹底的に学べるのですから、入らない人は「成長したくない」と言っているのと同じだと思います。

 

私も樺沢塾に入って、このブログを始めたり、講師をしたり、、、人生が変わっています。是非一緒に学び、成長しましょう!!

 

アウトプット万歳!