【ビジョンを語る】アウトプット祭での感動

こんにちは。森GODです。

先日、参加したセミナー『アウトプット祭』にて、とても感動したことがあったので共有します。

チャンスは目の前に転がっている!【アウトプット祭】【アウトプット大全】
こんばんは。森GODです。 昨日は樺沢 紫苑先生の出版記念セミナー『アウトプット祭』500人以上の参加で超盛り上がりでした...

アウトプット祭はワーク中心で実際に周りの人とコミュニケーションを取りながら学ぶセミナーでした。

そんな中、最後にこんなお題が出ました、『自分のビジョンを語ってください』

かなり難しいテーマだと思います。普段から意識していないと急には出てこないと思います。そして、事件は起こりました。ワークが終わり、講師の樺沢先生が「皆んなの前で発表したい人?」と聞いた時に、すっと手をあげたのが黒い服の女性。

話を聞くと、「私は高校3年生で・・・」

!!!ええええぇぇぇーーーー!!!!

衝撃でした。大人でも語ることが難しいビジョン。そして500人の前で手を挙げて発表すること。。。それを高校3年生の彼女はしっかりと成し遂げたのです。彼女のビジョンは、

◆来年、北海道大学を受験して合格すること。

◆バイオテクノロジーを学ぶこと。

◆“「美」を数学で表す”というテーマで在学中に本を出すこと。

◆世界中の子供たちに学ぶことのおもしろさを伝えたい、ということ。

その話を聞いた樺沢先生は即答で「そのビジョンは必ず実現します!」とコメントされていました。

私も彼女の堂々とビジョンを語る姿を見た瞬間、絶対に実現できると思いました。そして、その姿に感動したと同時に学ばせていただきました。

ビジョンを堂々と語る、めっちゃかっこいい!私もこれから、常に自分のビジョンを意識してそれに向かって突き進みます。

私たちは常に過去の経験から不安を生み出し、『私にはどうせできない』『私なんか才能がない』と卑屈になってしまいます。

しかし、大事なことは未来から考えることです。『自分がどうなりたいか』『何を実現したいか』それを突き詰め、毎日、毎時間、毎秒、追い求め続けた人だけが、夢を実現できるのだと思いました。

過去を不安に思うのではなく、未来を向いていきていきましょう!

「あなたのビジョンは何ですか?」

【ビジョンを語る】アウトプット祭での感動
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー