【書評】1分で話せ / 伊藤羊一

『1分で話せ』

SB Creative / 伊藤羊一(著)


「プレゼンが苦手だ」

「話しているうちにゴールを見失ってしまった」

あなたもそんな経験が1度はあるのではないでしょうか?

話が伝わらない人の最大の特徴は、『話が長い』です。必死に説明しようとして話せば話すほど、回りくどくなってしまい、最終的に何を言っているのかわからなくなってしまうのです。

私たちが成功を掴み取るためのチャンスの多くは『話すこと』が必要となります。クライアントへの報告や社内でのプレゼンもそうです。

エレベータートークという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

エレベータートークとは、起業家が、投資家やベンチャーキャピタルの勤務するオフィスのエレベーターの前で“待ち伏せ”し、偶然を装って彼らと同じエレベーターに乗り合わせ、目的階につくまでの短時間にプレゼンテーションを敢行。自らの事業内容の魅力を説得することに成功し、資金調達にこぎつけたというサクセスストーリーに由来しています。

つまり、1分程で要点を話し、相手にメリットを感じてもらうことが必要となります。

あなたはもし、エレベーターで自分の夢を叶える最大のプレゼンのチャンスが巡ってきた時に、1分で話ができますか?

日本の学校教育では、話し方を教えてくれることはありません。だから多くの人は話すことを苦手としています。本書はそんな話すことが苦手な人に伝えるための根本を伝えるための本となります。

『話すこと』が苦手な人は是非、読んでみてください。

それでは私の気づきを共有します。

気づき

  • 相手のことを徹底的に考える
  • ストーリーで伝える
  • メラビアンの法則を活用する

相手のことを徹底的に考える

あなたの話す目的は何ですか?

話すときにありがちなことが、自分にフォーカスしてしまうことです。『自分がうまく話せるか』『自分が他人からどう映るか』

はっきり言います。そんなことどうでもいいです。

人は他人に興味がありません。だから、話の聞き手はあなたのことなんてどうでもいいのです。そして、聞き手自身も自分にしか興味がないのです。

そして、それは上手く利用することができます。つまり、聞き手のメリットになることを話すことができれば、相手は自然にあなたの話を聞くようになります

そのためにはまず、聞き手のことを徹底的に知る必要があります。

具体的には、

どう言う立場にいるのか

どんなことに興味があるのか

どんなことをこのプレゼンに求めているのか

専門的な要素についてどのくらい理解できるか

何をどんな風に言うとネガティブな反応をするのか

などです。

あなたも話す機会があれば、まずは相手のことを徹底的に考えたうえで、聞き手の行動をどう変えたいか(ゴール)を明確にして、話してみてください。

ストーリーで伝える

人はイメージを想像することで、感情が揺さぶられる

話すことの目的の1つに『聞き手の行動を変える』ということが挙げられます。そのためには聞き手の頭の中にイメージを作る必要があります。

しかし、ただ単に話をしているだけでは相手の頭の中にイメージを生み出すことはできません。それは人は相手の話をほとんど聞いていないからです。

そんな時に有効な方法が『ストーリー』です。ストーリーで伝えると聞き手が自分ごとと捉えやすく、頭の中にイメージしやすくなります

話を聞いてくれなかったのを聞き手のせいにするのではなく、話し手が聞き手がイメージしやすいように工夫をしてあげましょう!

メラビアンの法則を活用する

先ほどもお伝えしたように、人はあなたの話を聞いていません。私も人前で話す機会がありますが、多くの人は話の内容を覚えていません。同じことを何度も聞いてくる人もいます。

本書によると

人は、相手の話の80%は聞いていない

そうです。

そして、私自身もその通りだなぁ〜と実感します。大抵、スピーチをして、その感想を聞いた時は『堂々としてる』『緊張しているように見えなかった』など、話の内容以外の感想が多いです。

しかし、それは当然のこととも言えるのです。それはメラビアンの法則というものがあり、話し手が聞き手に与える影響は、

視覚情報(Visual)…55%
聴覚情報(Vocal)…38%
言語情報(Verbal)…7%

だと言われています。

つまり、人はほとんど話の内容を聞いていないのです。これを活用すると、、、間違ったことを言っていようと、話の内容に自信がなかろうと、、、堂々と、そしてはっきりと話してさえいれば、90点以上の高評価がもらえるのです。

話の苦手な人は、話の内容ももちろんですが、まずはすぐに改善できるポイントとして、『話し方』『表情』などを意識してみてください。

まとめ

私たちは毎日話します。そのため話し方を学び実践すれば、毎日が変わります。人生が変わります。それだけ大事なことなのに多くの人は『話すこと』を学んでいません。

だからこそ、この記事を読んでいるあなたはチャンスです。

まずは本書を読み、話し方や話すときの考え方の勉強の第一歩にしてください。そうすれば、あなたは周りとのコミュニケーションも上手くなり、周りからの評価も上がり、、、自分の求める幸せな人生を手に入れやすくなるでしょう!

是非、読んでみてください。

【書評】1分で話せ / 伊藤羊一
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー