【書評】ニューエリート / ピョートル

『ニューエリート』

大和書房 / ピョートル(著)


あなたはニューエリートですか?それともオールドエリートですか?

現代ではインターネットの普及により働き方も大きく変わりました。しかしながら以前の働き方のまま変化しようとしない人が多いのが事実です。(オールドエリート)

夜遅くまで気合いで働く、残業している人が偉い、年功序列など、、、、もちろんそれらが悪いとは言いませんが、これからの時代を生き抜いていくにはこの考え方では置いていかれる一方でしょう。

こらからの時代に必要な力は『新しい価値』を生み出す力です。今の時代、インターネットにより誰もが皆平等に情報にアクセスすることが出来ます。

つまり、情報に価値はありません。その情報をいかすクリエイティブな力が求められるのです。自分のビジョン・ミッションが明確で、人並みならぬパッションでクリエイティブに働く。それがこれからのニューエリートだと思います。

本書は今後、ニューエリートになりたいあなた(このブログを読んでいる時点でかなり近づいていると思います)に大切な考え方や価値観を共有します。

『自分はこのままでいいのか?』

『やりたいことがない。』

『もっと成長したい。』

そんなことを考えたことがあるあなたに大きなヒントを与えてくれ1冊になると思います。今後の人生を楽しみたい人は是非、読んでみてください。

それでは私の気づきを共有します。

気づき

  • 社会的意義を考える
  • 直感を大事にする
  • 成功者に聞く

社会的意義を考える

これからの時代、『社会とどのように関わって生きていくか』が非常に大切だと思います。つまり社会貢献です。私が実現したいことは出版です。私自身が本を読んで人生が変わったという経験があります。私も世の中の迷い人に対してメッセージを伝え、人生が変わるように気づきを与えたいと考えています。そして次はその人が発信を行い、その人の影響で気づきが得られて人生が変わる人が出てくる・・・。そんなサイクルの一部になるのが私の夢です。

それに対して、今の自分のアウトプットはそこまで大きな価値を与えられているのだろうか?

そう考えると、、、もっと頑張ろうと身が引き締まります。

そして、このような価値観・社会的意義と、今働いている会社の社会的意義は交わるポイントがあるのか?それを実現するためにはどうしたらいいのか?

あなたも考えてください。そうすることで自分の行動が明確になると思います。

直感を大事にする

私は直感的に行動する人間です。そしてその直感はいつも当たっている気がします。きっとそれは自分の価値観に沿った行動だからだと思います。

直感は過去の経験や自分の考え方が元になり生まれるものだと思います。つまり、直感こそがあなたの価値観そのものなのでしょう。

直感を鍛えるには経験値をあげるしかありません。たくさん失敗してたくさんのことを学んでいくことであなたの価値観は形成されていきます。

失敗を恐れずにどんどん挑戦しましょう!

あなたは直感的に生きていますか?自分が何をやりたいか明確になっていますか?楽しんで仕事ができていますか?

もし、そうでないなら一度自分の過去の経験を思い出してみたり、価値観を考えてみてください。そうすることで、あなたの直感の精度も上がっていくでしょう。

成功者に聞く

ニューエリートに必要な要素として大切なものの一つが『成長』です。私たちは学び続ける必要があります。

その中で有効な学びの一つが『成功者に聞く』ことです。私はよくセミナーに参加しますが、実は、、、セミナーでの学びよりも懇親会での学びの方が大きかったりします

懇親会の場では様々な成功者の経験や体験を聞くことができます。あなたもセミナーなどに参加した場合は積極的に懇親会に参加するようにしましょう。

まとめ

今後、私たちが求められることは『考える』ことだと思います。考えることは誰にでもできますし、どこででもできます。しかし、多くの人は考えていません。

スマホでゲームをしていたり、動画をみていたり、ネットサーフィンをしていたり、、、もちろんスマホは便利なものですが、過剰すぎるスマホの使用はよくないと思います

それは私たちの思考の機会を奪うからです。

あなたも、スマホ中毒になってしまってはいませんか?もし心当たりがあるのであれば、スマホの時間を決めるなどして対処していきましょう。

そうすることで、あなたはこれからの時代を輝くニューエリートになることができると思います。

【書評】ニューエリート / ピョートル
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー