【書評】いい緊張は能力を2倍にする / 樺沢紫苑

『いい緊張は能力を2倍にする』

文響社 / 樺沢紫苑(著)


『私は緊張しやすいタイプだ』

『人前で話すのは緊張するので苦手だ』

あなたも、そう考えたこと・感じたことがあると思います。

・・・安心してください!

なんと、82%の人はあなたと同じように『自分は緊張しやすい』と感じています。つまり、人間は緊張する生き物なのです。大事なことは緊張をどう捉えるかだと思います。

本来、緊張は敵だと思われ、なんとか緊張しない方法を考えます。

手のひらに人と書いて飲んでみたり、、
音楽を聴いて気を紛らわしたり、、、

しかし、それは対処療法でしかありません。本書では、誰しもが抱える『緊張』を根本的に解決する方法が、科学的、脳科学的根拠とともにたっぷりと記載されています

実は、科学的、脳科学的に見ると緊張は、敵ではなく味方なのです。

あなたはそれを知らないだけです。本書を読めば、緊張が味方な理由がわかり、
あなたの能力は2倍に上がるでしょう。

実際にプロスポーツ選手は緊張を味方と捉え、能力を最適化している人が多いように見受けられます。こちらは著者である樺沢紫苑さんがサッカー日本代表の岡崎選手と話した時に、岡崎選手が言った言葉です。

「全ての試合で緊張します。重要な試合に限らず、日々の試合も全て、緊張して当然。逆に緊張しないとまずいと思います。」

世界的に活躍するアスリートでも緊張するのですね。しかし、緊張をポジティブに捉え、味方と考えています。

実は私も、、、緊張しやすいタイプです。笑
しかし、緊張が味方だということを知ってから、緊張が好きになりました。

以前の私は人前で話すのが苦手で、プレゼンテーションの際には手汗がびっしょり、たどたどしい話し方、、、本当にひどいものでした。

緊張が味方だと知ってからの私は、、、会社のイベントで自らプレゼンテーションを志願したり、セミナーの質問コーナーで1番に手を挙げて質問したり、、、昨年の11月には講師としてデビューもしました。

『私も緊張しやすいタイプだ』
『緊張を克服したい』

そう考えているあなたは、本書を読んでみて下さい。

ということで、以下私の気づきを記載します!

気づき

  • 自律神経を整える
  • ポジティブワードを使う
  • 堂々と話す

自律神経を整える

私はたまに身体の不調を感じることがあります。特に昔から頭痛や目の疲れがあります。

本書を読んでなんとなく「自律神経」という言葉にピンときました。私は姿勢が悪かったり、慢性的に鼻づまりなど、、、調子が悪くなる要素が多々考えられます。

過度に緊張しすぎることも身体の不調の一種と考えても良いと思います。

そしてそれらに対してセルフでできることもたくさんあります。例えば、本書に記載されている『片鼻呼吸』これであれば通勤時間やちょっとしたスキマ時間で実践可能です。プレゼンや商談前でも可能ですね。

実は私は昔から慢性的にアレルギー性の鼻炎です。年中無休で鼻が詰まっています。片鼻呼吸は鼻の通りも良くなるらしいので、すぐに実践してみたいと思います。

また、同時に自律神経を整えることでパフォーマンスをさらに上げていきます。

ポジティブワードを使う

私たちが発する言葉は自分の行動に影響を及ぼします。また、自分だけでなく、周りの人にも大きく影響します。

つまり、あなたが緊張しているときに「嫌だ」「不安だ」と言うと、それはあなたの行動に現れますし、周りからも「あの人緊張している」と言う目で見られます。

その場合、結果として良くないことが多いです。

反対に、あなたが緊張しているときに「ワクワクする」「目の前の人のために頑張ろう」と思うと、それはあなたの行動に現れますし、周りのもポジティブな影響を与えることができます。

正直、ネガティブなワードを発して良いことは1つもありません。反対にポジティブなワードを発すると良いことしか起きません。

どんなことも捉え方一つでポジティブにもなりますし、ネガティブにもなります。「ピンチはチャンス」まさにその通りだと思います。

私はネガティブな発言は自分への言い訳だと思っています。「仕事が忙しい」「あの人がやってくれないから」など。

普段から、言ってしまいがちなネガティブワードを意識的にポジティブワードに変えてみましょう。あなたの人生は劇的に良い方向に変化していくと思います。

堂々と話す

私は心配性です。自分の自信がないことに関してはネガティブになりがちで、緊張して縮こまってしまいます。

社会人になりたての頃、営業をしていましたが、どこか自信がなく、あまり良い成果が出ませんでした。

しかし、1つの成功体験を境に、急に自信が湧いてきてドンドン仕事が上手くいくようになりました。お客様との話の内容は、そこまで大きく変わっていなかったと思います。

変わったのは『自信を持って話しているかどうか』でした。

最近でも私がプレゼンや商談、人前で話し、上手く行ったときのことを考えると「自信を持って話している」ときでした。

つまり、緊張が味方だと知り、堂々と話すことができれば大抵のことが上手くいくのです!

まとめ

ここまで私の気づきを中心にお伝えしました(あまり緊張に触れていなかったかも??)(とゆうより緊張をすでに克服できている!)が、本書の内容は10倍も100倍も濃い内容となっています。

特に緊張の原因が3つだという分析が非常に面白いです。「交感神経が優位」「セロトニンが低い」「ノルアドレナリンが高い」脳科学的アプローチを元に、実際の私たちの生活の具体例に落とし込んで説明がされているので、とてもわかりやすく納得感があります。

著者の樺沢紫苑さんの別書「脳を最適化すれば能力が2倍になる」により詳しく記載されていますので、併せて読んでみてください。(私の好きな本のかなり上位にランクインします)

脳を最適化すれば能力は2倍になる / 樺沢紫苑【書評】
『脳を最適化すれば能力は2倍になる』 文響社/樺沢紫苑(著) こんにちは。森GODです。 本日もいい天気です。朝から日光を...

その他にも「感謝」によって出る脳内物質の効果、フォーミーからフォーユーへのマインドチェンジ術など、盛りだくさんで記載されています。

緊張しやすいあなたにはもちろん、普段の仕事や生活のパフォーマンスを上げたい方にかなりオススメな1冊となります。

本書のタイトルは「いい緊張は能力を2倍にする」ですが、私は自分の受け取り方次第では3倍にも4倍にも、、、10倍にもなると感じました。

是非、あなたも緊張を味方につけ、能力を2倍以上に発揮してください。

【書評】いい緊張は能力を2倍にする / 樺沢紫苑
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー