その他

いい緊張は能力を2倍にする / 樺沢紫苑【今だけ無料ダウンロード】

『私は緊張しやすいタイプだ』

 

あなたも、そう考えたこと・感じたことがあると思います。

 

安心してください。
なんと、82%の人はあなたと同じように『自分は緊張しやすい』と感じています。

 

 

つまり、人間は緊張する生き物なのです。大事なことは緊張をどう捉えるかだと思います。

 

 

本来、緊張は敵だと思われ、なんとか緊張しない方法を考えます。

 

手のひらに人と書いて飲んでみたり、、
音楽を聴いて気を紛らわしたり、、、

 
しかし、それは対処療法でしかありません。本書では、誰しもが抱える『緊張』を根本的に解決する方法が、科学的、脳科学的根拠とともにたっぷりと記載されています

 

 

実は、科学的、脳科学的に見ると緊張は、敵ではなく味方なのです。

 

 

あなたはそれを知らないだけです。本書を読めば、緊張が味方な理由がわかり、
あなたの能力は2倍に上がるでしょう。

 

 

現在、特別配布中の無料版の中にこんなことが記載されていました。

 
著者である樺沢紫苑さんがサッカー日本代表の岡崎選手と話した時に、岡崎選手が言った言葉です。

「全ての試合で緊張します。重要な試合に限らず、日々の試合も全て、緊張して当然。逆に緊張しないとまずいと思います。」

 

世界的に活躍するアスリートでも緊張するのですね。しかし、緊張をポジティブに捉え、味方と考えています。

 
それは、緊張は敵ではなく味方だと知っているからです。

 
実は私も、、、緊張しやすいタイプです。笑

 
しかし、緊張が味方だということを知ってから、緊張が好きになりました。

 

 

以前の私は人前で話すのが苦手で、プレゼンテーションの際には手汗がびっしょり、たどたどしい話し方、、、本当にひどいものでした。

 

 

緊張が味方だと知ってからの私は、、、
会社のイベントで自らプレゼンテーションを志願したり、セミナーの質問コーナーで1番に手を挙げて質問したり(意外と緊張します)

 
昨年の11月には講師としてデビューもしました。

 
『私も緊張しやすいタイプだ』
『緊張を克服したい』

 
そう考えているあなたは、まず無料版を試しに読んでみて下さい。

 

 

無料版にもくじが記載されていましたので、私が気になる3項目をピックアップしました。

 

 

◆ノーベル賞学者推薦「片鼻呼吸」
◆「相手の」ためにを意識する
◆質疑応答(プレゼンの印象は質疑応答で決まる)

 
他にも様々なシチュエーション別の対処法や科学的根拠が書かれています。

 
是非、あなたにもぴったりな項目を探してみてください。

 
無料配布版はこちらから

 

 

本書の発売は5/30です。要チェック!