勉強法

【書評】人生逆転! 1日30分勉強法 / 石川和男

『人生逆転! 1日30分勉強法 

三笠書房 / 石川和男(著)


突然ですが、あなたは普段勉強をしていますか?

 

 

「え!勉強は学生がするものじゃないの?」と思った人もいるのではないでしょうか。それは違います。我々の人生は常に学びです。成長です。

 

そのためには大人こそ勉強が必用だと思います。もちろん学生のように数学や歴史などの勉強ではありません。(もちろんそれもOKですが)

 

ここで言う勉強とは、あなたの夢や目標を実現するための勉強となります。

 

 

著者の石川和男さんは現在、税理士・大学講師・時間管理コンサルタント・セミナー講師・建設会社総務経理担当部長と5つの仕事をされています。

 

そして、それは『勉強』のおかげだそうです。30代前半では2年間無職という時代も過ごされたそうです。そう考えると、我々は何歳からでも勉強は可能ですし、それは無駄なことではありません。

 

もちろん5つの職業を持てとは言いませんが、勉強(自己投資)することが最終的にあなたに自由とお金をもたらすのではないでしょうか

 

私自身も26歳で読書を始めたことをきっかけにどんどん人生が変わってきています。(現在28歳)勉強なくしては今の自分は考えられないですし、これから描いている理想の自分になるためには勉強は必須だと思っています。(そしてワクワクします)

 

まだまだ人生これから!自分の夢を叶えたい人は是非、本書を読み、人生を逆転させてください。

 

 

それでは私の気づきを共有します。

 

 

気づき

  • 目標を紙に書く
  • 期限を決める
  • 最高の仲間と出会う

 

 

目標を紙に書く

社会心理学で「予言の自己成就」という用語があります。人は意識的にせよ、無意識的にせよ、自分の思い描い他行動にでたがる習性があるというものです。

 

つまり、紙に書くことで目標を達成することができるようになります。これは多くの成功者も言っていることなので、信憑性・実現性はかなり高いと思います。

 

実際、私も騙されたと思って、自分のやりたいことを50個書き出し他ところ、半年で5〜6割ぐらいを達成することができました。

 

紙に書くことで、自然と自分の意識の中に刷り込まれているのだと思います。これはお金も時間もかからず、今すぐ実行できることなので、、、あなたも今すぐ実行してみてください。いえ、必ず実行してください。

 

 

期限を決める

人は期限がないと頑張れません。パーキンソンの法則をご存知でしょうか?

 

第1法則
仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

 

第2法則
支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

 

つまり、期限を決めないと一生終わらないということです。実際に私も仕事で1つ1つのタスクを期限を決めずに実行していると、時間が許す限りの最大限の時間を使用してしまいます。

 

同じ仕事をしていても期限があるだけで断然スピードが早くなります。(と、いうより期限がないと遅くなる)これは勉強にも同じく適用されます。

 

例えば、本を読むときに『2時間で読み切る』などの期限をつけることで、勉強が捗るでしょう。反対に期限を決めなければ、本を読むのに4時間とか5時間かかってしまう可能性もあります。

 

どんなときも期限は必ず決めるようにしましょう!

 

 

最高の仲間と出会う

良い仲間と出会うこと。それが自分を高みへと押し上げてくれる近道なのです。

 

私は今、これをひしひしと実感しています。現在、私は樺沢塾に所属し、日々勉強をしています。ここには同じような志を持った仲間がたくさんいます。

 

一緒に話したり、セミナーに参加することで、新しい気づきを得ることができたり、何より読書やブログを継続できているのは仲間のおかげだと思っています。

 

私はよく、ブログを書けない時期があるのですが、いつも仲間の頑張りを見ることで奮起し、自分も頑張ろうと思うことができています。

 

まとめ

本書の第6章(最終章)は

30分を2倍にも3倍にもする勉強の神7

が記載されています。

 

例えば

#灰になるまで全力でやる「あしたのジョー勉強法」

#勉強をカラフルにして脳を楽しませる「木村カエラ勉強法」

 

などです。

この神7だけでも以上に価値のある本です。読書が苦手、本を読むのに慣れていないという人はここだけを読んでも良いと思います。

 

 

あなたが変わる唯一の方法は、『今』実行することです。あなたも本書を読み、勉強をして人生を逆転させましょう!