【書評】論理的な人の27の思考回路 / 北村良子

『論理的な人の27の思考回路』

フォレスト出版 / 北村良子(著)


『論理的になりたい』

『クライアントへの報告が上手くなりたい』

『コミュニケーション能力をあげたい』

あなたもそんなことを考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、実際に論理的思考力を高めるのは非常に難しいです。私はよく部下に「なぜ?」を5回繰り返して考えてみようと言います。

しかし、実際にはそれだけではなかなか論理的思考力は高まらず、、、、。何かもっと簡単に論理的思考力を高める方法はないか?そんなことを考えていたときに出会ったのが本書になります。

本書は論理的思考力について論理的に書いている本ではありません。なんと内容のほとんどがパズルになっています。つまり、パズルを解くことで論理力を高める練習をすることができるのです!

パズルは身近にあるエンターテイメントでありながら、論理的思考を身につけるツールとして優れています。なぜなら、パズルを解く際は「理由」→「結論」という論理的なステップを踏まなければならないからです。

実際、私もパズルを解きましたが、、、楽しい!

時間を忘れて楽しく学ぶことができるので、とても効率の良い勉強法だと感じました。論理的思考ができるようになると、仕事の効率が上がったり、コミュニケーションが深まるなど、多くの恩恵があります。

是非あなたも、本書のパズルに挑戦して、論理的思考力を高めてください!

パズル以外にも、論理的思考をするための方法がたくさん記載されていますので、私の気づきを共有します。

気づき

  • 結論から話す
  • シンプルに考える
  • 答えをしっかりと読む

結論から話す

誰でも簡単にすぐ実行できることです。私は結論から話すことを意識してから、自分のプレゼンテーション能力が上がったと感じています。

実際に結論から話すと、自分の頭の中が整理され自分の思考も深くなります

結論から話すための1番簡単な方法は話の冒頭に「結論から申しますと〜」というフレーズを入れることです。そうすることで、意識的に結論から話すことができます。

是非、実践してみてください。

シンプルに考える

私はよく考えすぎてしまいます。そして結論が出ないまま同じ思考をぐるぐると繰り返してしまいます。そんな時に有効な方法がシンプルに考えることです。

俯瞰的にみると意外と課題はシンプルだったりします。

シンプルに考えるとは、戦略を考えること

です。最終的に大事なことは『自分がどうしたいか』です。自分がどうしたいかをシンプルに考えることが戦略になり、その戦略はあなたの軸となります。

軸があれば、それを元に戦術を考えることができます。そのためにはまず、シンプルに考える視点を大切にしましょう!

答えをしっかりと読む

実際のパズルは難しいものが多かったです。自分にない視点がたくさんあり、学びが多かったです。

その中でも大切なことが、答えをしっかりと読む(フィードバックする)ことだと感じました。知らない考え方に触れることで新しい発想が生まれます。

解き放しでは何の成長もありません。数をこなすより1つ1つを丁寧にクリアにしていきましょう!

まとめ

論理的思考力はすぐに身につくものではありません。オススメは本書を読んだ1、2ヶ月後にもう一度読んでみることです。

1、2ヶ月の間に脳内で理解と整頓が行われます。我々の脳が情報処理をするには時間がかかります。しかし、処理が終わった後にもう一度開くと、以前とは別物に見えてくるでしょう。それが成長です。私たちは日頃から新しいことを取り入れることで成長することができます。

まずは是非本書で1回目のパズルを試してみてください!