その他

【決断は10秒】ヨシダソース吉田潤喜会長から学んだこと

こんにちは。森GODです。

 

昨日は野田宜成さん主催のビジネスサークルの全国大会にビジター参加させていただきました。その中で、アメリカであのイチローの次に有名な日本人のヨシダソース創業者、吉田潤喜会長のお話を聞くことができました。(本人曰く、ヨシダソースはどの家庭の冷蔵庫にも入っているためイチローより有名とのことです!)

 

吉田会長を一言で表現すると『太陽のような人』でした。膨大なエネルギーを持ち、周りの人に大きな影響を与える偉大な方です。

 

話を聞いているだけで、そのエネルギーがこちらに伝わり、講演が終わった頃には参加者の熱気でムンムンしていました!

 

とても素晴らしい話が聞けたので、私の気づきを共有致します。

 

 

 

気付き

  • 決断は10秒
  • 最大の敵は見栄
  • 可愛がられる

 

決断は10秒

大事なことは自分を突き動かすパッションです。やりたいと思ったらすぐやる。その決断スピードは10秒とのことです。

 

そして、悩んだ時はやめましょう。

 

私は以前はなかなか行動ができないタイプでした。何事にも慎重でリスクばかり考えていました。そのため、行動ができず、結局何もできない自分にイライラ…。。。

 

負のループの真っ只中にいました。そんな自分が変われたのは行動をしたからです。本を読み「自分を変えたい」「主体的になりたい」そして樺沢紫苑さんにお会いしたことでより行動的になり、劇的に人生が変わっていきました。

 

決断をすることは非常に大事です。昨年のセミナー祭りの講師をすることも10秒で決めました。内容は決まっていなかったし、結婚式の次の週だったので準備に時間がないことも分かっていました。しかし「講師をしたい、伝えたい」というパッションの強さが10秒での決断に至りました。

 

決断することはとても怖いことですが、成長することができます。思い切って決断してみましょう!

 

 

最大の敵は見栄

前ブログでも書きましたが私にとっても最大の敵は見栄でした。

あわせて読みたい
【必見】誰でもブログを続けることができる唯一の方法こんにちは。森GODです。久しぶりの更新になります。 最近、ブログを更新できておらず、非常に心苦しかったです。そんな中、昨...

 

見栄やプライドなんてくそ喰らえ!大切なことは『自分が心から実現したいこと』『心から楽しむこと』つまり、ビジョンとパッションです。

 

今後は見栄を捨て、透明な自分を表現していきます。

 

 

可愛がられる

「自分のバスを押して欲しかったら、まず他人のバスを押せ!」つまり与える人になれ。ということです。吉田会長はこれが非常に上手い人だと感じました。

 

正直、吉田会長は使う言葉はとても汚いです(笑)

「殺したろか思た」なんてことも言います。しかし、そこに嫌な感じは一切ありません。

 

吉田会長には裏表がなく、良い人オーラが溢れ出ています。それは常にビジョンをパッションを持ち、素直に生きてこられたからだと思います。

 

自分一人でバスを押すことはできません。まずはパッションを出し、まずは他人のバスを押すことで、可愛がられる人になりましょう。

 

 

まとめ

吉田会長のお話を生で聞けて、ノンバーバル的に伝わってくることが多かったです。ネットの時代だからこそリアルに価値があると改めて実感しました。

 

これからはリアルが流行ると思います!

 

そこで大事なことはエネルギーとパッション

次は私が吉田会長にいただいたエネルギーを使って、他人のバスを押していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク