【書評】最短で目標を達成する!PDCAノート / 岡村拓朗

『最短で目標を達成する!PDCAノート』

フォレスト出版 / 岡村拓朗(著)


『PDCAを回したいけど続かない…』

『残業を減らすために働き方を変えたい』

『新しい勉強や読書を習慣化したい』

あなたもそんなことを考えたことはありませんか?

PDCAはただ闇雲に回せばいいものではありません。『我流でやってみたけど続かなかった』『気づいたらPDCAを回すことが目的となっていて、目標を達成するという大切なミッションをクリアできていなかった』なんて言葉もよく耳にします。

うまくPDCAを回すためには、成功している人の型を真似するのが一番早いです。そしてその型を自分なりにアレンジすればいいのです。

では、その型はどこにあるのか?

もちろん本書に記載されています。本書には毎日のPDCAを回す方法はもちろん、自分の目標を設定するための方法など、合計7つのフレームワークが記載されています。

そのため、PDCAの回し方に悩んでいる人に加えて、今から目標を作って頑張っていきたいという人にもオススメの本になります。

この本のオススメのポイントは、フレームワークが非常にシンプルだという点です。そのため、必要なものはノートとペンと定規だけです。この3つがあれば誰でもPDCAが回せるようになります。

また、シンプルが故に時間もかからず続けることに抵抗がありません。1日5分、ノートに向かえばあなたのPDCAは劇的に回り始めます!さぁあなたも今すぐ人生のPDCAを回しましょう。

実は本書はシリーズ化されており、こちらは第二弾になります。以前、第一弾の書評も書いておりますので、こちらも参考にしてください。

自分を劇的に成長させる!PDCAノート/岡村拓朗【書評】
こんばんは。森GODです。 仕事から帰り、ご飯を食べ、気がついたらPCを開いていました。 ブログを書くことが習慣付いてき...

第一弾は、PDCAの回し方や概念的な部分にフォーカスしていましたが、第二弾は目標達成するための具体的な方法が記載されています。第一弾の振り返り的な部分も含まれていますので、私はまだ第一弾を読んでいない人は第二弾だけで十分かと思います。

それでは気づきを共有します。

スポンサーリンク

気づき

  • やっぱりゴールが大事
  • 今を全力で生きる
  • 多くを求めない

やっぱりゴールが大事

第一弾でも出てきた考え方ですが、PDCAの中で一番大事なことはゴール(目標)です。ゴールが明確になっており、そのゴール(目標)を達成することが目的です。

PDCAを回すことが目的となってしまう人は多いので注意が必要です。そのためには定期的に振り返りとアップデートをすることが大切になります。

毎日回す細かいPDCAと月次で回す大きなPDCAを用意するといいと思います。

また、ゴールを設定した後にそれを達成するために1番大切なことが『期限を決める』ということです。

期限を決めると、今どう行動すべきかが見え、時間の制約により集中力が上がり、自ら成長スピードを決めることができます。

パーキンソンの法則をご存知ですか?

仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

というものです。

つまり、『1時間で終わる仕事の期限が3時間であれば実際は3時間かかる』ということになります。

あなたがPDCAを回す際は、目標を明確に設定し、その目標に期限を設けるようにしましょう。

今を全力で生きる

本書では目標を設定する大切さを何度も訴えかけています。その理由は目標を設定する理由が『今』の自分を変えるためにあるからです。

あなたは何のために目標を設定しますか?何のためにPDCAを回しますか?何のため本書を読みますか?何のためにこのブログを読みますか?

それはあなた自身の成長のためではないでしょうか。成長とは行動が変わることです。そのためには変化し続けることが大切となります。

本書を読んでも『明日からやろう』ではあなたは成長しません。明日やろうと思っている人は明日になっても明日やろうと言います。

もし、あなたが本当に心から目標を達成したい、成長したいと思うのであれば今すぐに本書を購入してください。

それができないあなたは、1500円を惜しむあなたは、、、この先も成長するのが難しいでしょう。私自身も『今を全力で生きる』を大切にしたいと思います。

多くを求めない

PDCAを回している時に陥りがちなことが、『改善点を必死に何個も見つけ出そうとしてしまう』ことです。私がまさにこの状態に陥っていました。

なぜなら、改善点が多い方が成長スピードが早そうだからです。しかし実際はそうではありませんでした。多くのことを求めすぎると最終的に何をしたらいいかがわからなくなり、結局何もできなくなってしまいます。

大事なことは、1つだけ(多くても3つ)改善点を見つけ、それを次の日に実行することです。そしてそれを毎日行いましょう。

そうすることで、あなたのPDCAは劇的に回り始めます。またその際のポイントですが、特に初めはハードルを低くしましょう。初めから達成できないような目標にしてしまうと続けることが困難になります。小さい成功をたくさん積み重ねましょう!

まとめ

あなたが成功するための近道は1秒でも早く始めることです。読書が大事だと思ったら今すぐ読み始めましょう。アウトプットが大事だと思ったら今すぐにブログを開設し、アウトプットをしましょう。そしてそのPDCAを回しましょう。

その方法は本書にたっぷり記載されていますので安心してください。

本書にも記載されていますが、作家の中谷彰宏さんの有名な言葉に下記のようなものがあります。

したい人、1000人。始める人、100人。続ける人、1人

あなたは今どのフェーズにいますか?是非続ける人になってください。私はブログを始め、1年が経ちました。今はなんとか続いています。1年続けることができたので、一生続けることができる気がします。

それはしっかりと目標を持ち、常にPDCAを回しているからです。これからも続けられるように頑張ります。あなたも、『やらなければいけないと思っているけどできていない』モヤモヤをすぐに行動に移してみてください。必ず成長します。

スポンサーリンク

【書評】最短で目標を達成する!PDCAノート / 岡村拓朗
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー