書評

【書評】話し方は「声」で変わる / 島田康祐

『話し方は「声」で変わる 』

フォレスト出版 / 島田康祐(著)


 

自分の声が嫌いだ

聞き返されることが多い

声に迫力がないと言われたことがある

 

 

あなたも、そんな経験があるのではないでしょうか?

 

 

実は8割の人が自分の声を嫌いなのだそうです。私も自分の声が嫌いで、録音した自分の声を聞くと、とても恥ずかしい気持ちになり、寒気がします。

 

本書に『声=心の状態』という記載がありました。まさにその通りだと思います。私は自分の発言に自信がある時は声が大きくなりますし、反対に自信がない時は声が小さくなってしまいます。

 

これについて視点を変えてみると自信がないから声が小さいのではなく、声が小さいから自信がないとも考えられます。私はこの本を読んで、時には『自信ありげに振る舞う』ことが重要だと感じました。

 

今までの経験上、声が大きい人は仕事ができる人が多かったです。やはり声の大きさは自分の自信などのメンタル的な安定感やコミュニケーションの基本になると思います。

 

つまり、私たちが自分にとっての最適な声の出し方を知り、実行すれば『人生は変わる』と言っても過言ではないのです。

 

『声』は普段から無意識的に当たり前のように発声をしていますが、この『声』を意識的に変えていくことが重要になります。

 

 

本書では1分でできる発声調整メソッドを記載しています。誰でも簡単に普段の『声』と『心』の質を変えることができます。

 

 

ビジネスシーンやプライベートでも使えるので、本当に誰にでもオススメできる本になります。

 

 

ということで、私の気づきを共有します。

 

スポンサーリンク

 

気づき

  • 鼻呼吸を意識する
  • 第一声を大きくする
  • ウーロン茶を飲まない

 

 

鼻呼吸を意識する

私は慢性的な鼻炎で常に鼻が詰まっています。そのせいで自分の声が通らないことも多いですし、大きな声が出しづらいこともあります。

 

そして大きな声がでないことが、自信の低下にも繋がっていました。鼻呼吸を行うと息の量が多くなります。息の量が多くなると声が大きくなります。

 

つまり、鼻呼吸に変えるだけで、大きな声を出すことができ、自信を生み出すことができるのです。そうなると、ハリのあるよく通る声が出せるようになります。

 

鼻呼吸のメリットは他にもあります。

 

鼻呼吸をすると脳にたくさんの酸素が行き渡ります。それによって、心を落ち着かせたり、頭の回転が良くなる効果が期待できます

 

いわゆる深呼吸ですね。

 

鼻炎で鼻が詰まっている私も本書を読んでから鼻呼吸を意識していますが、、、意外とできました。そして鼻呼吸を実践していると鼻づまりがいつもよりもマシになりました。

 

まずは普段自分が口呼吸か鼻呼吸かを確認し、もし、口呼吸をしてしまっている人はすぐに鼻呼吸に変えてみましょう

 

 

第一声を大きくする

初対面の人と挨拶をした時に『この人できそうだな』『この人ダメそうだな』なんてことを思ったことがあるのではないでしょうか。

 

人や物事を評価する時に第一印象がプラスだと、その他のこともプラスの評価を抱きやすくなり、反対に第一印象がマイナスだと他のこともマイナスに捉えてしまいがちです。これは人間な心理的な作用で『ハロー効果』と言います。

 

つまり、商談やプレゼン、初対面の挨拶は、第一声が勝負と言っても過言ではありません。あなたも普段からの『話し方』と『声』を意識することで人生を変えることができます。

 

簡単に実践できるので、興味のある方は是非、本書を読んで実践してみてください。

 

私は月に1回、全社員の前で話すことがあるのですが、必ず第一声を大きな声で話します。そうすることで、一瞬にして聴き手を自分の空気感の中に引き込むことができます。

 

今後はこれを会議の場などでも応用していきます。

 

 

ウーロン茶を飲まない

本書の表紙に『できるビジネスパーソンはウーロン茶を飲まない』との記載がありました。最初は『???』状態でしたが本書を読み進めていくうちに納得することができました。

 

実はウーロン茶を飲むと喉がカサカサになってしまい、自分にとっての最良の声が出なくなってしまいます。そこで、、、思い当たる節がありました。カラオケです。飲み放題が付いているお店の多くのドリンクサーバーにはウーロン茶があります。そして、私はよくウーロン茶を飲み、飲めば飲むほど喉の調子が悪くなっていました。

 

小さなこと一つでも知っていると知らないでは大きな差です。

 

商談やプレゼンなどビジネスの場では『声』は非常に重要になります。ウーロン茶を飲むだけで喉がカサカサになっていると知っていれば絶対に飲まないです。

 

 

まとめ

自分の声が嫌いな人が多いので、自分の声と向き合ったことがある人は少ないと思います。私もそんな1人でした。

 

しかし、本書で『声』を変えることで人生を変えることができると知り、自分の声に興味を持つことができました。

 

そして今後は意識的に声を変えいくことで、自信を手に入れ最高の結果を手に入れます。興味がある人は本書を読むことをオススメします。

 

内容は専門的な言葉も少なく、読書が苦手な人でもスラスラと読めるようになっています。あなたも一緒に声で人生を変えましょう!

 

スポンサーリンク