「だって」「でも」の対策

こんにちは。森GODです。

平日アウトプット再開します!

今日のテーマは

「でも」、「だって」にどう対応するか。

今、同じ部署に中途入社の新人さんがいます。直接指導をしているわけではありませんが、気にかけています。

新人さんは入社して1ヶ月弱ですが、モチベーションが高くなさそうだったので、気になって話してみると、

「だって研修のカリキュラムが…」

「本当は○○したい、でも…」

否定が多くてびっくりしました。そして、自分の人生を生きていないと感じました。

今後、主体的に生きることの大切さに気づいて欲しいので、少しずつマインドセットできるように頑張ります!

そんな私は今日、その新人さんに資料作成を依頼しました。

フィードバックをするとき、こちらが否定から入ってしまうと、「でも」「だって」と言われると思ったので、

敢えて、ほめてみました。そしてその後、改善点を指摘。

事前に褒めていたこともあり、すんなりと受け入れてくれました!

この経験から、

「でも」、「だって」星人に対して、

・否定をしない(受け入れる)

・たくさんほめる

・ほめたあとにお願いをする

以上のことが大切だと、学びました。今後も相手をほめることを意識して仕事に取り組みます!

NO IMAGE
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー