絶対にミスをしない人の脳習慣 / 樺沢紫苑【予想書評】

『絶対にミスをしない人の脳習慣 』

SBクリエイティブ刊 / 樺沢紫苑 (著)


普段からミスが多くて困っている

つい、うっかり忘れてしまった・・・

あなたも、そんなことがあるのではないでしょうか?

私も仕事の帰り際に、「あ、部長に言われてたやつやるの忘れてた・・・」「明日の訪問の準備していなかった・・・」

プライベートでも、「あー電車乗る方向反対やった・・・」「またブログに誤字脱字が・・・」「携帯電話を家に忘れてきてしまった・・・」

なんてことがあります。この世にミスをしない人などいないでしょう。会社の社長でも安倍首相でもお母さんでも。誰だって絶対にミスはすると思います。・・・いえ、そう思っていました・・・。この本のタイトルを見るまでは。「絶対にミスをしない人の脳習慣」!絶対にミスをしない??そんなことあり得るのか!!そんな方法があるなら是非教えて欲しい。ということで、発売されるのが非常に楽しみです。(10/11発売)

ちょっと、楽しみ過ぎるので、、、本が発売される前に予想書評を書いてみようと思います。あくまで、予想になりますのでご注意下さい!

それではさっそく内容を見てみましょう!

【タイトル】
『絶対にミスをしない人の脳習慣』出版記念講演会

【主な内容】
♯全てミスは「脳」が原因
♯ミスの原因はたったの4つ
♯「ミスが多い人」と「ミスしない人」の最大の違いは?
♯3の法則~「3」を意識するだけでミスは激減する
♯ミスが最も起きやすい「魔の時間帯」とは?
♯ミスが起きる曜日と時間は決まってたいた!?
♯「健康」では意味がない。「健康」の上、「絶好調」を目指す方法とは?
♯「自己洞察力」をみがけば、ミスはほとんど防げる
♯ミスを減らすには、「机の整理」より「ストレスと感情の整理」
♯脳を整理すれば、「うっかりミス」はなくなる!
♯ミスの原因は、ストレスホルモンだ!!
♯ミスを減らす脳内物質を出す7つの方法
♯最強の脳トレーニング法「9の技術」
♯「忘れ物」をゼロにするチェックリストの作り方
♯樺沢流「TO DOリスト術」で、「うっかりミス」をゼロにする

著者メルマガより引用

なんと著者の樺沢紫苑さん、10月7日に出版記念講演会をされるそうです。そしてメルマガにたくさんの事前情報が記載されているではありませんか。

出版記念講演会に参加したい方はこちら(残席わずか)

https://event-form.jp/event/2091/c7Db

動画参加はこちら

https://event-form.jp/event/2092/Y6JJYv

さらに、過去20冊以上の本を出版されていて・・・過去には15万部のベストセラー「読んだら忘れない読書術」、最近本屋さんでよく見かける「神・時間術」なんかも出版されています。

神・時間術 / 樺沢紫苑【書評】
『神・時間術』 大和書房 / 樺沢紫苑(著) 『もっと自分の時間が欲しい』 『気づいたら1日が終わっていた...

ヒントになりそうな「脳を最適化すれば能力は2倍になる」なんて本も書かれています。

脳を最適化すれば能力は2倍になる / 樺沢紫苑【書評】
『脳を最適化すれば能力は2倍になる』 文響社/樺沢紫苑(著) こんにちは。森GODです。 本日もいい天気です。朝から日光を...

また、毎日YouTubeで動画更新・・・恐るベし樺沢紫苑先生!

https://www.youtube.com/user/webshinmaster

しかし、こちらからすると情報が多くて予想しやすい。ということで、これらの情報を元に予想書評を書いてみます。

スポンサーリンク

予想書評

  • 脳内物質をフル活用し、集中力を高めよ!
  • 最強のコンディショニング術でパフォーマンスを最大化せよ!
  • 記憶するからミスをする、記録でミスをなくそう!

脳内物質をフル活用し、集中力を高めよ!

ミスが起きる原因は集中力の低下にあります。集中力を高めるためにはある脳内物質をフルに活用するといいでしょう。それはノルアドレナリンセロトニンです。

ノルアドレナリンは神経を興奮させる神経伝達物質です。「やる気」や「意欲」を高める反面、「不安」「恐怖」「緊張」といった感情や精神状態とも深い関係があります。

簡単に言うと、自分を追い込むことで能力を上げることができます

夏休みの宿題を思い出してください。ずっとずっと宿題を放ったらかしにしていたのに、最終日にすごい力を発揮して1日で終わらせたなんて経験は誰しもがあると思います。まさにこれがノルアドレナリンの力です。

そのため、私たちは絶対にミスをしてはいけない場面ではノルアドレナリンをフル活用して、パワーを発揮しましょう。よくプレゼン等の発表で緊張して失敗してしまう人がいます。緊張は誰でもするものですし、むしろ、ミカタなのです。自分が緊張したときはパワーをいつも以上に発揮できるときですので、その状況を楽しむようにしましょう!

もう一つ大事な脳内物質が、セロトニンです。なんとセロトニンは幸せホルモンと言われています。つまり元気の源です。私たちは元気があるがゆえに集中できます。集中ができるとミスがなくなります。そのため、セロトニンをたくさん分泌させることが大切となります。

セロトニンを分泌させるには「太陽光を浴びること」「リズム運動をすること」が大切になります。セロトニンについてはこちらに詳しく記載していますので、ご確認ください。

朝の5分間 脳内セロトニン・トレーニング / 有田秀穂【書評】
『朝の5分間 脳内セロトニン・トレーニング』 かんき出版/有田秀穂(著) こんにちは。森GODです。 最近、脳科学...

最強のコンディショニング術でパフォーマンスを最大化せよ!

先ほどミスが起きる原因は集中力の低下にあると言いました。それでは集中力低下の原因は何でしょうか?私は1番は「睡眠」だと考えています。

日本人の多くは睡眠時間が6時間以下です。しかし6時間睡眠で満足している人はほとんどいません。さらに、とある研究によると、7時間睡眠が人間の集中力が最も最大限に引き出せると言われています。

つまり7時間未満の睡眠は私たちの集中力を低下させ、ミスを引き起こす要因となります。日本ん人のサラリーマンの多くは 残業⇨睡眠不足⇨残業⇨睡眠不足 を繰り返し負のスパイラルに陥ってしまっています。

睡眠時間を確保し集中力を高めることは仕事の生産性アップに繋がります。そうすることで残業がなくなり仕事だけでなく、プライベートも充実させることができます。

睡眠に関してはこちらの記事に詳細を記載していますので合わせてご確認ください。

スタンフォード式 最高の睡眠 / 西野精治【書評】
『スタンフォード式 最高の睡眠』 サンマーク出版/西野精治(著) 『睡眠不足を時間で解決しようとしていませんか?』 ...
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 / ショーン・スティーブンソン【書評】
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 ダイヤモンド社/ ショーン・スティーブンソン(著) 『大事なことは睡眠より仕...
ぐっすり眠って完全回復 ビジネスマンのための究極の睡眠術 / 樺沢紫苑
ぐっすり眠って完全回復 ビジネスマンのための究極の睡眠術 WEB心理塾セミナー/ 樺沢紫苑 若いうちは睡眠よりも仕事だ!...

また、コンディショニングを高めるためには回復が大事です。身体を最大限に回復させるためには成長ホルモンを分泌させることが大切です。そのためには1日30分以上の有酸素運動をしましょう!

詳細は下記記事にてご確認下さい。

最強のコンディショニング術 運動 / 樺沢紫苑
最強のコンディショニング術 運動 WEB心理塾セミナー/ 樺沢紫苑 仕事が忙しくて運動なんてする時間がない 運動は学生が...

記憶するからミスをする、記録でミスをなくそう!

「後でやろう」と思っていたことを忘れてしまったことはありませんか?私はこのミスをよくやってしまいます。

実はこれは脳科学的に言うと当たり前のことなのです。基本的に人間のは脳のワーキングメモリを3つしか保有していません。つまり、同時に4つ以上のことを覚えることはできないのです。この情報社会の世の中、スマホ1つで1瞬にしてたくさんの情報が入ってきます。

また、脳の仕組みとして入ってきた情報は基本的に全て忘れるようにできています。インターネットの普及により私達が1日に得る情報量は10年前の2万倍とも言われております。

脳もいちいち全部記憶していたら大変ですね(笑)ということで基本的には忘れてしまいます。そのため、ミスを無くすには記憶することではなく、記録することが大事になります。

また、樺沢紫苑さんは著書「読んだら忘れない読書術」において、記憶するためには最低3回はアウトプットすることを推奨されています。脳は全てを忘れようとしますが、反対に、何度も出てくる情報は大切な情報と捉えて、長期記憶に保存します。

ちょっとの間覚えておきたいことはメモをして記録し、覚えておきたいこと・身に付けたいことは何度もアウトプットをすることで長期記憶に保存しましょう!

まとめ

初めて予想書評を書いてみましたが、なかなか面白いですね!今まで自分が学んだことを元にいかにアウトプットできるか。普段からインプットとアウトプットを繰り返しているからこそできる予想書評なのだと思います。

本が発売されて内容と照らし合わせるのが楽しみです!

10月7日の出版記念講演にも参加しますので、本を読んでからの書評は改めて共有させていただきます。

また、今後は本を読むときに、予め自分の考えを持った上でそれの答え合わせと共に読み進めるという読み方も面白そうですね。そうすることで更に質の高いインプットができると思います。

「絶対にミスをしない人の脳習慣」発売されたら是非、読んでみて下さい!

スポンサーリンク