多動力 / 堀江貴文【書評】

『多動力』

NEWS PICKS×幻冬舎 / 堀江貴文(著)


「IoT」や「AI」が話題の世の中で、あなたはどのように過ごしていきますか?

世間の流れに身を任せて生きますか?

それとも、自分の頭で考え時代を作りあげる人物になりますか?

どちらを選ぶのかはもちろん、あなた次第です。

私は自分の人生を楽しく生きたいです。つまり、自分の頭で考え時代を作りあげる人物になりたいです。その中で必要になってくるのが「多動力」です。私が考える多動力とは「自分で考え主体的に行動すること」です。

この本には、多動力を高める方法がたくさん記載されいます。今回はその中でも私が特にピンときた3つの気づきを紹介します。

スポンサードリンク

気づき

  • 「ワクワク」が人を突き動かす
  • 自分の時間を生きる
  • ホリエモンも睡眠を大切にしている

「ワクワク」が人を突き動かす

私達が過ごす時間で1番大切な時間は自分が「楽しい」と思える時間です。楽しいことをしているとあっと言う間に時間が過ぎますよね。この感覚ってものすごい大切だと思います。

私が思う「楽しい」のメリットは3つあります。

  • 集中力が高くなる
  • 主体性が生まれる
  • 周りにいい影響を与える

このように楽しいことをすることは、仕事の質とスピードを高めることができます。また、自分がポジティブになるだけでなく、周りの人をもポジティブにすることができます。

あなたのやっている仕事はワクワクしますか?

もしワクワクしないのであれば、「それはなぜか?」「どうしたらワクワクするのか」を考えましょう。

自分の時間を生きる

日本人は「自分のやりたいこと」よりも、「相手がやってほしいこと」をやる傾向にあります。つまり、自分の時間を生きているのではなく、相手の時間を生きています。

他人は誰もあなたに興味がありません。

あなたもそうではありませんか?

自分のことが1番気になるし、いつも自分中心に考えている。それは当たり前のことです。自分の人生ですから。相手にどう思われるかをいちいち気にしていたら、何もできません。

とはいえ、日本人は相手のことを批判するのが大好きです。相手のことをよく批判する人は、相手にどう思われているかを気にしている人です。つまり、他人の人生しか生きることができない可哀想な人なのです。

周りの目を気にせず、勇気を持って自分のやりたいことをやりましょう。

ホリエモンも睡眠を大切にしている

この本を読んで1番おどろいたことが、堀江貴文さんが睡眠について書いていることです。勝手なイメージで大変恐縮ですが、堀江さんは「寝ないで働く人」だと思っていました。(すみません)

私のブログで過去に睡眠の大切さは何度かご紹介しています。

スタンフォード式 最高の睡眠 / 西野精治【書評】
『スタンフォード式 最高の睡眠』 サンマーク出版/西野精治(著) 『睡眠不足を時間で解決しようとしていませんか?』 ...
ぐっすり眠って完全回復 ビジネスマンのための究極の睡眠術 / 樺沢紫苑
ぐっすり眠って完全回復 ビジネスマンのための究極の睡眠術 WEB心理塾セミナー/ 樺沢紫苑 若いうちは睡眠よりも仕事だ!...
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 / ショーン・スティーブンソン【書評】
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 ダイヤモンド社/ ショーン・スティーブンソン(著) 『大事なことは睡眠より仕...

私は睡眠は普段のパフォーマンスを高めるための最も大切な要素だと考えています。睡眠をおろそかにすると、次の日の仕事効率が下がり残業することに。そしてまた睡眠が短くなり次の日も残業・・・。といった負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。

普段から最低でも6時間以上寝ることを心がけましょう。睡眠の質の高め方は上記リンク先で確認ください。

まとめ

「多動力」とは自分の人生を最大限に楽しむ力のことだと思います。そのために大切なことが上記で紹介した3つのことです。

  • 楽しむ
  • 自分の人生を生きる
  • しっかり睡眠をとる

どれも単純なことばかりですが意外とできていない人も多いのではないでしょうか?改めて自分の普段の生活を見直し、改善していきましょう。

この本には他にも様々な「ワクワクすること」が記載されています。私はこの本を読んで改めて読書の楽しさを感じました。

これからも少しずつでも書評を書き続けます。

スポンサーリンク

多動力 / 堀江貴文【書評】
この記事をお届けした
26歳で読書を始めたら人生が変わった!
の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォロー