その他

お宮参りの基礎【50/100】

こんにちは。森GODです。先週末の土曜にお宮参りに行ってきました!本日はお宮参りについて少し見てきたいと思います。

意味

初宮参り(はつみやまいり)とは、赤ちゃんが無事に生誕1か月目を迎えたことを産土神に感謝して報告する行事である。初宮詣(はつみやもうで)とも。通常、単に宮参り(お宮参り)というと初宮参りのことを指す。

Wikipediaより引用

時期

通常は男の子が産まれてから31日頃、女の子は産まれてから32日頃に行われるみたいです。

うちの場合は、両親が遠方にいることもあり、産まれてから45日経ってからになりました!

個人的には日程は気にしなくて良いと思います。無理して31、32日目にやらなくても、行けるときに行くのが良いと思います。

予約

神社によって予約が必要なとこと必要ではないところがあるみたいです。事前に神社に問い合わせてみましょう!

私は今回、原宿の東郷神社で行いました。1年程前に結婚式を挙げた神社です。

東郷神社では予約は必要なかったです。

予約なしで行ったところ、たまたま空いていてすぐに執り行えましたが、、、終えた1分後ぐらいには結婚式が始まってました!笑

その後も写真を撮っていると、他のお宮参りの人、次の結婚式の人とどんどん来たので、、、予約なしで結婚式をよくやる神社は要注意です。

必要なもの

・初穂料

以上です。金額は5,000円〜10,000円ですが、通常は5,000円でOKみたいです。

時間

神社着いて、申し込みをして、祈祷まで15分ほど、祈祷は10分ほどで終わりましたので合計30分かからないぐらいです。

これも神社によると思いますが、どんなに長くても1時間はかからないと思います。

服装

赤ちゃんはセレモニードレスで上からきもの(晴れ着)を羽織ってもらいました。大人の男性はスーツ、大人の女性はワンピースって感じです。

まとめ

お宮参りは大変なイベントではないです!特に準備も必要ないので楽です。いっぱい写真を撮ったり、みんなにかわいいと言われたり、大人は楽しいです!

子どもも普段は家の中にばっかりいるので、良い機会だったと思います。

お宮参りは楽しみましょう!