セミナー

me&stars【21/100】

こんにちは。森GODです。

先日のアドテック東京にて、トランスコスモス株式会社さんが面白そうな話をしていましたので共有します!

me&stars

https://meandstars.com

簡単に言うと、スター目線のサービスです。スポンサーより先にスターがやりたいコンテンツを作り、それに対してオークション形式でスポンサーを募集するサービスになります。

そんなサービスの第一弾としてチャレンジされたのが山田孝之さんだそうです。山田孝之さんは前例のないことをやりたい人、チャレンジャーらしいです。

「ぼくが1日受付とかやったら面白くないですか?」

ということで、その企画を進めたところ、なんと、、、

27,083,052円でとある企業が落札。

その金額にびっくりしました。

実際に落札した企業は女性向けの下着を販売している企業で、そこでやったこととしては受付を一歩飛び越え、山田孝之さんによるバストの計測会を実施したそうです。

なんとこれも大当たりで、落札企業の売り上げはイベント直後2倍に跳ね上がったそうです。

これを広告的に言うと、

スポンサーファーストからコンテンツファーストの時代

になったということです。コンテンツとファンに対してスポンサーがつく、新しい時代ですね。

以前は物を売る時代でした。しかし、今は物を売ろうとしてもなかなか売れません。体験を売ることが重要です。

つまり、物の時代から心の時代に変化したのです。

そして、この企画は大当たりしたため、第2弾として瀬戸内寂聴さんがチャレンジされました。

こちらも大当たり。そして、今回アドテック東京にて第3弾の発表。

第3弾は北島康介さんです。実際、会場にも見えており、トランス・コスモスの方と対談形式で話をされていました。

 

「スポーツ業界に貢献できるなら鍛えた体を張りたいです」

ということで、具体的な企画はまだ決まってませんが、これから進みそうなので期待大です。きっとチョー気持ちいことをしてくれるでしょう!

いずれにせよ、広告に関しても以前のように物やサービスの特徴だけを押し出すだけでは売れなくなりました。

ユーザーの心をいかに満たすか。ユーザーにいかに体験を与えられるか、ユーザーにいかにインスタ映えを提供できるか。

そんな時代です。

1マーケターとしてユーザーの心理を大事に広告と向き合っていきたいと思いました。