セミナー

ほりえもん降臨【20/100】

こんにちは。森GODです。

昨日はアドテック東京に参加しました!そこで、初めてほりえもんの話を生で聞くことができました!!

株式会社Bespoの高岳さんとの対談形式だったのですが、これが自由すぎて面白かったです✨

堀江さんを初めてノンバーバルで感じた印象としては、

アウトプットが次々と降りてきてあれもこれもこれもあれも話したい

という感じが伝わってきました。普段から様々なインプットや体験、経験をされているからこそでしょう。

自分もブログでアウトプットをしていますが、今はアウトプットのネタがなくて困っています。

堀江さんのように大量のアウトプットができるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は堀江さんとの違いを追求したいと思います。

『なぜ?』を深掘りする

今回、堀江さんの話は今取り組まれている事業についてでした。

主に、

WAGYUMAFIA
・ゼロ高等学院
・HIU

についてです。

初めに和牛の話をしていたのですが、、、これが話し始めたら止まらず。次から次へと和牛の話が展開されました。

そこで感じたことは、堀江さんは深掘りがすごい!1つのことに対しての圧倒的な知識量と体験。

一言で言うと『極』って感じです。

そう考えると自分はまだまだ何一つも極めることができていませんでした。極めると、かっこいいし説得力もあります。今の情報社会では広く知識を得ることは簡単です。

そのせいもあってか極める人はあまり多くないので、自分も何かテーマを持って極めていきたいと思いました!

感度(興味の幅が広い、深い)

和牛の話をしたかと思えば、ゼロ高等学院の話をしたり、Jリーグのアドバイザーの話が出たり、オンラインサロンの話が出たり、ロケットの話が出たり、、、

とにかく自分の興味があることにはとことん足を突っ込んでるんだと感じました。

私はまだまだ感度が足りないです。人は自分から興味を持つことで色んなことに詳しくなったり専門家になれると思いました。

しかし、現代の教育では『あれもダメ!これもダメ』と子どもを縛り付けている感じがします。

常識ってなんでしょうか?

人と違うことっていけないことなんでしょうか?

日本では他人の目を気にしたり、別のステージに行こうとしている人の足を引っ張る人が多いです。

タロットカードを引いてるだけで変人と思われます(笑)

もっと、自由に生きよう!

圧倒的なインプット・アウトプット

話をトータルして考えると、インプットとアウトプットの繰り返しが大事だと感じました。(樺沢先生が良く言う、インプットとアウトプットの螺旋階段を登るイメージ)

インプットだけではダメですし、インプットが少なくてもだめ。圧倒的なインプットとアウトプットを実現する必要があります。

そして、そのためには自分の興味があるものに正直に生きる。自由に生きることが大切です。

堀江さんの話を聞いて、今の自分の方向性は間違ってはいないと思いました!

しかし、足りない部分はたくさんあるので、これからもブログ含め、様々なことにチャレンジしていきます!