その他

休日から仕事への切り替える3つの方法【6/100】

こんにちは。森GODです。

あなたは休日から仕事への切り替えがきっちりできていますか?

私の会社では(土日休み)月曜日になると、欠勤や遅刻が多くなります。(私も月曜が1番辛いかも!)

つまり、切り替えができていない人は多いです。

しかし、それでは仕事のパフォーマンスにも大きく影響してしまいますし、残業が増えて、次の日もまたしんどくなり、、、負のスパラルに陥ってしまいます。

昔の私はまさにそんな状態でしたが、今は違います。月曜日から良い状態で、仕事に取り組めています

それは3つのあることを実践しているからです。本日はその方法を紹介します。

朝活をする

私は普段から毎日、朝活を実践しています。出勤前にカフェに行き、読書やブログの執筆など、1時間好きなことをしています

もちろん、月曜日も実施しています。月曜日は私も身体がしんどいですが、徐々に回復していき、朝活を終える頃には完全に仕事モードになっています。

朝活をすることで、冷え切ってしまったエンジンを温めることができるので、かなりオススメです。

そしてその際に重要なことが『自分の好きなことする』ということです。

ここで、気の乗らない仕事をしてしまうと結局、心のエネルギーがマイナスのまま仕事を迎えてしまいます。

朝活の時間はあくまで、切り替えの時間ですので、自分が『わくくわくできること』、『集中して取り組めること』を行ってっください。

ルーティンを作る

私にとって、上記の朝活がルーティンとなります。つまり、自分の中の『やる気スイッチ』を作ることが大事になります。

その他に私がスイッチにしていることは2つあります。

1つ目は、水を1杯ぐっと飲むことです。身体に水分を与えることで、なんとなく生き返るイメージがして、生き生きとします。(枯れた花が生き返るイメージです)

私たちの身体の多くは水分でできていますので、身体(水分、血)の循環を良くするという意味ではある意味、理にかなっている気もします。

2つ目は、鴨頭嘉人さんの動画を見ることです。とても熱く、プラスエネルギーになることだけを発信をされていますので、その動画を見ているだけで、気分が上がります。

休日に休みすぎない

私たちが平日に急にしんどくなる原因は『ギャップ』です。そのため、休日に10時間とか12時間とか寝てしまうと逆にしんどくなります。

1番良い方法は、平日も休日も同じリズムで過ごすことです。

とはいえ、普段から睡眠不足の人も多いと思います。そんなときは普段より、1〜2時間だけ多く寝てください。それぐらいであれば問題ないと言われています。

『休日だ!』ということを意識しすぎて平日と全く違うリズム(夜更かしなど)で過ごしてしまうと身体は壊れてしまいますし、次の平日がしんどくなります。

休日はとにかく平日とのギャップを少なくすることを意識しましょう!

まとめ

私は月曜日は1週間で最も大事な曜日だと思っています。月曜日がハッピーであれば1週間ハッピーな気がします。反対に月曜がブルーであれば1週間ブルーな気がします。

そのためには意識的に自分をプラスにもっていく習慣が必要です。この記事に書いた3つの方法は簡単に実践できる内容ですので、是非実践してみてください!

スポンサーリンク